◆美留和お天気日記◆

12月31日(土)
低気圧が北海道の東海上に進み、冬型の気圧配置となります。北寄りの風が強いでしょう。
30日の夕方から夜遅くから風・雪ともに強くなります。 美留和では昨夜からの雪が31日朝のうち降り続くでしょう。午後からは風もおさまり,夕方からは晴れ間も出てるでしょう。初日の出が拝めそうです。
12月30日(金)
発達中の低気圧が美留和付近を通過します。
30日の明け方まで雪が降るでしょう。30日の日中は曇りがちで,時折,雪がちらつくでしょう。夕方から再び雪が本降りとなるでしょう。
12月29日(木)
日本海から前線をともなった低気圧が接近します。天気は下り坂です。
29日の美留和は,終日,曇りがちで,夕方から雪が降りだすでしょう。30日朝までに,ある程度の積雪があるでしょう
12月28日(水)
美留和は,移動性高気圧に覆われるでしょう。
28日の美留和は,曇りがちで時々晴れ間が出るでしょう。お昼前後に一時的に雪が降りそうです,また北西の風が強いでしょう,
1月10日ころまで,冷え込みが弱いでしょう。
12月27日(火)
引き続き低気圧がオホーツク海に停滞しますが,次第に冬型気圧配置が緩んできます。
27日の美留和は,曇りがちで,時折,晴れ間が出るでしょう。北西の風が強いでしょう。
12月25日(土)
引き続き低気圧がオホーツク海で停滞します。冬型気圧配置が強くなります。
25日の美留和は,曇りがちで時折晴れ間も見えるでしょう。お昼前後,一時的に雪が降るでしょう。
NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)がサンタクロースを追跡しています。サンタクロースの最新位置は,こちらです。
12月24日(金)
発達した低気圧がオホーツク海で停滞します。冬型気圧配置になります。
24日の美留和は,晴れベースですが,午後,一時的に雪が降るでしょう。
NORAD(北米航空宇宙防衛司令部)がサンタクロースを追跡しています。サンタクロースの最新位置は,こちらです。
12月23日(金)
日本海中部には発達中の低気圧があって北東に進んでおり,23日夜にかけて北海道付近を通過する見込みです。 その後,冬型の気圧配置が強まるでしょう。
このため,美留和では,次第に雪の降り方が強まり,23日未明から23日明け方にかけて大雪となるでしょう。 また,22日夜遅くには雪を伴った南東の風が非常に強くなり,23日朝には南西の風に変わって強くなる見込みです。
12月22日(木)
低気圧が急速に発達しながら,日本海を北東に進み美留和に接近してきます。
22日の美留和のお天気は下り坂です。朝のうち晴れますが,次第に雲が厚くなり,夕方から雪が降りだすでしょう。
22日は二十四節気の冬至です。美留和では日出06:52 日入15:49 太陽の出ている時間は8時間57分です。
低気圧はゆっくりと,24日にかけて美留和付近を通過し,オホーツク海に達する見込みです。低気圧の通過後は、強い冬型の気圧配置になるでしょう。
このため,美留和では,22日夕方から24日にかけて,荒れた天気となるでしょう。22日夕方から湿った雪が降り出し、23日朝にかけて大雪となるでしょう。 また,22日夜には東の風が雪を伴い強くなり,23日昼前には西または南西の風に変わって引き続き強いでしょう。大雪やふぶき、吹きだまりによる交通障害,湿り雪による電線着雪,強風に注意して下さい。
12月20日(火)
引き続き弱い冬型気圧配置です。
20日の美留和は,曇りがちで,時折、晴れ間も見えるでしょう。
1899年12月20日東京郵便電信局で、初めて年賀郵便特別扱いを開始しました。
12月19日(月)
引き続き弱い冬型気圧配置です。
19日の美留和は,概ね、晴れるでしょう。
1974年12月19日、米国の MITS社がAltair 8800の販売を開始しました。 このコンピューターは、世界で初めてpersonal computer (パソコン)と呼ばれました。
12月18日(日)
引き続き冬型の気圧配置ですが若干緩んできます。
18日の美留和は,概ね、晴れて、時折、雲が出るでしょう。お昼前後、雪がちらつくでしょう。
1956年12月18日,日本の国際連合加盟案が全会一致で可決され日本の国連加盟が承認されました。
12月17日(土)
引き続き冬型の気圧配置です。
17日の美留和は,おおむね晴れるでしょう。
12月16日(金)
16日の美留和は,日中は時々晴れ間も見えますが,お昼前後,一時的に雪が降るでしょう。
12月15日(木)
15日未明に前線を伴った低気圧が北海道を通過しました。今後オホーツク海で発達します。
15日の美留和は,日中は時々晴れ間も見えて暖かくなります。しかし,午後からは,上空の寒気が南下してくるため,,北西〜北の風が強くなるとともに雪が降るでしょう。
12月14日(水)
日本海から気圧の谷が接近してきます。天気は下り坂です。
14日の美留和は,時々晴れ間も見えますが,次第に雲が厚くなってきます。
1911年12月14日,ノルウェーの探検家「ロアルド・アムンゼン」が人類史上初めて南極点への到達に成功しました。
今夜は,「ふたご座流星群」の極大日です。大流星群の一つで、1時間に約60個の流星が出現します。
12月13日(火)
移動性高気圧に覆われます。
13日の美留和は,概ね晴れます。
12月12日(月)
引き続き弱い冬型の気圧配置です。
12日の美留和は,概ね晴れます。
12月11日(日)
弱い冬型の気圧配置です。
11日の美留和は,概ね晴れますが,午後から多少,雲が多くなるでしょう。
12月9日(金)
冬型の気圧配置が緩み,弱い気圧の谷が通過します。
9日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
12月9日13:30から弟子屈町立和琴小学校で「和琴ミニミニコンサート」が開催されます。入場自由です。
12月8日(木)
冬の主役,シベリア高気圧が発達してきています。ここ数日間は小刻みに寒気が流れ込むでしょう。
西高東低の冬型の気圧配置になります。
8日の美留和は,曇りがちで,明け方から朝にかけて雪が降るでしょう。日中は曇りがちで時折,晴れ間も見えるでしょう。北西の風が強いでしょう。
1980年12月8日22時50分、マーク・チャップマンが暗闇から「レノン?」と呼び止めると同時に拳銃を両手で構え5発を発射,4発がレノンの胸・背中・腕に命中し,レノンは「撃たれた!(I'm shot!)」と2度叫びました。
12月6日(火)
移動性高気圧に覆われますが,次第に次の気圧の谷が接近してきます。
美留和は,6日の午前中,概ね晴れるでしょう。午後からは雲が多くなるでしょう。
12月5日(月)
5日は低気圧が美留和から遠ざかるため,冬型気圧配置が次第に緩んできます。
5日の美留和は,曇りがちで時々雪が降るでしょう。夕方には晴れ間も出るでしょう。
12月4日(日)
低気圧が,千島近海で更に発達し強い冬型の気圧配置となるでしょう。このため,美留和では、4日昼過ぎには北西の風に変わって更に強くなるでしょう。
4日の美留和は,終日,雪が降るでしょう。午前中は低気圧による重く湿ったた雪が降りますが,午後からは北西の季節風によるさらさらの雪へと変わるでしょう。
4日午後から冬型気圧配置が強まります。5日の朝にかけて,さらに雪が積もるでしょう。
1934年12月4日,摩周湖,屈斜路湖を一帯とする「阿寒国立公園」が指定されました。
12月3日(土)
3日から4日にかけて、低気圧が急速に発達しながら釧路沖を通過し、その後、美留和付近は,強い冬型の気圧配置となる見込みです。
このため、美留和では,3日昼過ぎから夜遅くにかけて,湿った雪が降り出し,大雪となる可能性があります。
また3日夕方から東の風が強まり,4日は北西の風に変わって更に強まるでしょう。
大雪による交通障害や強風,に注意して下さい。
12月2日(金)
美留和は移動性高気圧に覆われます。
2日の美留和は,概ね晴れるでしょう。空気が乾燥します。
12月1日(木)
次第に冬型の気圧配置がゆるんできます。
1日の美留和は,概ね晴れて,時折,曇る程度でしょう。
11月30日(水)
冬型の気圧配置が強まってきます。
30日の美留和は,曇りがちで,時折,雪が降るでしょう。
11月29日(火)
未明に気圧の谷が美留和付近を通過します。その後,移動性高気圧に覆われてきます。
朝のうち雨が残ります。日中は曇りがちながら,時折,晴れ間も見えるでしょう。
11月28日(月)
移動性高気圧に覆われます。
28日の美留和は,概ね,晴れて,時々雲が出る程度でしょう。
11月27日(日)
前線を伴った低気圧が美留和付近を通過します。
27日の美留和は,朝から曇りで,午後から雪が降り出すでしょう。この雪は夕方から雨に変わるでしょう。
11月26日(土)
美留和は,次第に冬型の気圧配置が緩んで,移動性高気圧に覆われます。
26日の美留和は,穏やかに晴れるでしょう。
11月25日(金)
低気圧がオホーツク海で発達します。冬型の気圧配置が強まります。
25日の美留和は,概ね晴れますが,一時的に小雪も舞うでしょう。南西からの風が強いでしょう。
11月24日(木)
前線をともなった低気圧が発達しながら美留和の北を通過します。この低気圧に向かって南から暖かい気流が流れ込みます。
24日の美留和は,朝のうち雨が降ります。南東の風が強いでしょう,午後からは曇りとなり,夕方には晴れ間が見えるでしょう。
11月23日(水)
日本海にある前線をともなった低気圧が美留和に接近しています。この気圧の谷が明日にかけて発達しながら美留和付近を横断します。この影響で美留和のお天気は下り坂になります。
23日の美留和は,晴れますが,午後から次第に雲が出てくるでしょう。夜半過ぎから雨が降るでしょう。
11月22日(火)
低気圧は、オホーツク海に移動し上空の寒気も遠ざかります。次第に冬型気圧配置が緩みます。美留和は,本州付近にある移動性高気圧に覆われます。
22日の美留和は,概ね晴れるて時々雲が出るでしょう。
11月21日(月)
一時的に西高東低の冬型気圧配置になります。
21日の美留和は,午前中は,概ね晴れますが,一時的に雪がちらつくでしょう。 西風が強いでしょう。
11月20日(日)
低気圧は,北海道の東の海上で発達します。美留和には気圧の谷が残ります。
20日の美留和は,曇りがちですが,午後からは時々晴れ間も見えるでしょう。20日午後から冷え込みます。
11月19日(土)
前線を伴った低気圧が日本海から北海道付近を通過してオホーツク海にぬけます。
19日の美留和は,断続的に雨が降ります。午後は。曇るでしょう。
11月18日(金)
高気圧が本州の東海上に進みます。美留和は,高気圧にゆるやかに覆われます。
18日の美留和は,概ね晴れて,時々曇る程度でしょう。
11月17日(木)
美留和では冬型の気圧配置が続きます。午後からは冬型の気圧配置が次第に緩んでくるでしょう。
17日の美留和は,雲が広がりやすく、すっきりしないお天気となります。曇りで時々雪が降ります。午後からは時折,陽射しも出てくるでしょう。
11月17日夜〜18日早朝,「しし座流星群」の極大日です。上弦の月を追いかけるように「しし座」は位置します。
11月16日(水)
美留和では,初冠雪となりました。
引き続き,冬型気圧配置です。
16日の美留和は,朝のうち,雪が降りますが,昼前からは概ね晴れるでしょう。
11月15日(火)
冬型気圧配置が次第に強まってきます。
15日の美留和は,晴れたり曇ったりでしょう。午後から雪が降るでしょう。
11月14日(月)
オホーツク海に低気圧が停滞します。この低気圧に向かって12月上旬並みの寒気が流れ込んできます。
14日の美留和は,曇りで時々晴れますが。時雨もあるでしょう。
11月13日(日)
低気圧が,北海道の北を東進しますが,美留和は移動性高気圧の圏内です。
13日の美留和は,概ね晴れて,時々雲が広がる程度でしょう。
11月12日(土)
大陸から移動性高気圧が張り出してきます.
12日の美留和は,概ね晴れて,時々雲が広がる程度でしょう。
11月11日(金)
引き続き,美留和は移動性高気圧に覆われます。
11日の美留和は,朝のうち晴れますが,次第に雲が多くなってくるでしょう。
11月11日は,いろいろな記念日があります。レアなものとして,ごく一部の関係者だけでお祝いする,Happy Binary Day(二進数の日)があります。コンピュータ内部で扱われる二進数および先人たちに祝杯をあげる日です。
11月10日(木)
引き続き,美留和は移動性高気圧に覆われます。
10日の美留和は,穏やかに晴れるでしょう。
14日15日は,時雨となるでしょう。
1890(明治23)年11月10日,東京浅草の凌雲閣(12階建て)で,日本初の電動エレベーターが公開されました。
11月9日(水)
冬型気圧配置が緩み,美留和は移動性高気圧に覆われてきます。
9日の美留和は,穏やかに晴れるでしょう。
1989(平成元)年11月9日にドイツ・西ベルリンを囲んでいた「ベルリンの壁」が取り壊され東西ドイツが統一されました。
11月8日(火)
西高東低の気圧配置になります。
8日の美留和は,晴れたり曇ったりするでしょう。北西からの強い季節風にのって,時折,風花が舞うでしょう。
今日は二十四節気の「立冬」です。暦の上では今日から冬です。
11月7日(月)
美留和付近では,弱い気圧の谷が残ります。
7日の美留和は,終日曇りがちでしょう。
11月6日(日)
美留和上空の気圧の谷は東に遠ざかります。代わって大陸から高気圧に張り出してきます。
6日の美留和は,午前中は雲に覆われますが,午後から次第に晴れてくるでしょう。
11月5日(土)
美留和を覆っていた移動性高気圧は東の海上へと離れていきます。代わりにかわりに気圧の谷が接近してきます。
5日の美留和は,終日,曇りがちで夕方から雨が降り出すでしょう。
11月4日(金)
美留和は,引き続き移動性高気圧に覆われます。
4日も美留和は,朝のうち霧が出ますが,日中は概ね晴れの良い天気となります。
7日ころから冷え込みます。
11月3日(木)
美留和は,移動性高気圧に覆われます。
3日も美留和は,日中は概ね晴れの良い天気となり います。
11月2日(水)
高気圧の中心は美留和の南東に移動しますが、引き続き美留和付近を覆う見込みです。 このため、2日も美留和は,良好な天気が見込まれます
11月1日(火)
大陸から移動性高気圧が日本付近に接近します。美留和はこの高気圧に覆われるでしょう。
1日の美留和は,概ね晴れるでしょう..。
明治「チェルシー」は,1971年11月1日に発売開始,今日で発売40周年を迎えます。ちょっぴり濃厚な味わいと、コクの深さが特徴。バター味とヨーグルト味があります。「チェルシー」という名前はロンドン市南西部にある地区の名前で、「響きが良く覚えやすい」「愛らしく洒落た感じ」から採用されたそうです。
10月31日(月)
美留和に気圧の谷が接近してきます。
31日の美留和は,曇りがちで,一時的に雨が降るでしょう。天気の崩れは一時的で,夕方からは晴れ間が見えるでしょう
10月30日(日)
美留和は引き続き,大陸から太平洋まで東西に長い帯状の高気圧に覆われます。
30日も美留和は,概ね晴れて,時々曇る程度でしょう。
10月29日(土)
美留和は引き続き,大陸から太平洋まで東西に長い帯状の高気圧に覆われます。
29日も美留和は,概ね晴れて,時々曇る程度でしょう。
10月28日(金)
美留和は,大陸から太平洋まで東西に長い帯状の高気圧に覆われます。
28日の美留和は,概ね晴れて,時々曇る程度でしょう。
10月27日(木)
大陸から移動性高気圧が張り出してきます。
27日の美留和は,朝のうち曇りがちですが,午後からは晴れ間が広がるでしょう。
10月26日(水)
西高東低の冬型の天気になります。
26日の美留和は,曇りがちですが時々,晴れ間がでるでしょう。
10月25日(火)
気圧の谷が,美留和に接近してきます。
25日の美留和は曇りがちで,午後から雨が降るでしょう。
10月24日(月)
低気圧は千島近海に遠ざかりますが,美留和は気圧の谷に入ったままです。
24日の美留和は,曇りがちでしょう。
今日は,二十四節気の「霜降」です。その名のとおり霜が降りる頃です。既に美留和では霜が降りていますが。秋色も次第に薄まり,各地で朝霜を見る季節になります。
10月23日(日)
前線を伴った低気圧が北海道の南を通過します。
美留和は22日夜遅くから 23日未明まで雨が強く降るでしょう。日中は曇りがちで断続的に雨が降るでしょう。
10月28日から約1週間,気温が平年よりかなり高くなるでしょう。
美留和小学校学芸会です。(09:30-11:45)
1983(昭和58)年10月23日 白糠線(白糠ー北進 ,33.1km) が廃止されました。
10月22日(土)
ここ数日,美留和を覆っていた移動性高気圧は日本の東海上に遠ざかります。代わって気圧の谷が西から次第に接近してきます。
22日の美留和のお天気は,下り坂でしょう。朝のうち晴れ間が見えますが,徐々に雲が厚くなってくるでしょう。夜のはじめころから雨が降り出すでしょう。
10月28日から約1週間,気温が平年よりかなり高くなるでしょう。
10月21日(金)
美留和は,引き続き移動性高気圧に覆われます。
21日の美留和は,雲は多いものの時々,晴れるでしょう。
10月20日(木)
美留和は,引き続き大陸から移動してくる高気圧に覆われます。
20日も美留和は,概ね晴れるでしょう。
25日以降,冷え込むでしょう。
10月19日(水)
美留和は,引き続き大陸から移動してくる高気圧に覆われます。
19日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
24日から26日にかけて冷え込むでしょう。
10月18日(火)
美留和は,引き続き大陸から移動してくる高気圧に覆われます。
18日の美留和は,概ね晴れるでしょう。樺太付近にある寒気を伴った低気圧の影響により南西の風が強く吹くでしょう。
人気の森永ビスケットシリーズから、ひと口サイズのチョココンビネーションビスケット「小さなチョイスチョコビスケット」が新発売!

ローソンは、からあげクンの新フレーバー「タルタルソース味」を、2011年10月18日(火)より全国のローソン店舗で発売します。


10月17日(月)
美留和は,大陸から移動してくる性高気圧に覆われます。
17日の美留和は,概ね晴れるでしょう。午前中は南西の風が強く吹くでしょう。
-冬の白いカップヌードル-「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」2011年10月17日(月) リニューアル発売

10月16日(日)
前線を伴った低気圧は,日本の東海上に遠ざかります。代わってた陸から移動性高気圧が張り出してきます。 16日の美留和は,午前中は雲が多く一時的に雨が降りますが,昼過ぎから晴れてくるでしょう。午後から,南西の風が強く吹くでしょう。
10月14日(金)
美留和を覆っていた移動性高気圧は,日本の東海上に遠ざかり,代わって西から徐々に気圧の谷が接近してきます。
14日の美留和は,晴れますが,午後から次第に雲が厚くなってくるでしょう。
17日前後は冷え込むでしょう。
1872(明治5)年の9月12日(新暦では10月14日)日本で初の鉄道が、新橋〜横浜間に開業しました。
10月13日(木)
美留和は移動性高気圧に覆われます。
13日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
10月15日は暖かくなりますが,17日前後は冷え込むでしょう。
10月13日10月13日の夜から14日未明にかけて,満月直後の丸い月と木星に接近して見えます。木星の下には、くじら座が見えます。
10月12日(火)
引き続き移動性高気圧に覆われますが、美留和上空には,午後からの寒気が入り大気が不安定となります。
12日の美留和は,概ね晴れるでしょう。午後から雲が多くなり,夕方,雨がぱらつく可能性があります。
「キリンチューハイ 氷結やさしい果実の3% ゆずみつサワー」を新発売〜ゆずの氷結ストレート果汁とはちみつを使用した氷結が登場!〜
キリンビールは、好評をいただいている「キリンチューハイ 氷結やさしい果実の3%」シリーズの第3弾として、「キリンチューハイ 氷結やさしい果実の3% ゆずみつサワー」を、10月12日(火)より全国発売します。

10月11日(火)
大陸から移動性高気圧が張り出してきますが,美留和は高気圧の縁にあたるため,雲が多いでしょう。
11日の美留和は,曇りで時折晴れ間が見えるでしょう。
これからの時期にぴったり!さらにおいしくなりました!
「日清のどん兵衛 とん汁うどん」 「日清のどん兵衛 きつねそば」 2011年10月11日(火) 新発売
さらにもっちりした食感のうどんと、ぶっとく食べ応えのあるそばで、さらにうまい!

10月10日(月)
美留和を寒冷前線が通過します。
美留和の10日は,曇りがちで夕方から夜にかけて一時雨があるでしょう。
10月9日(日)
美留和は,移動性高気圧に覆われます。
9日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
今日は二十四節気の「寒露」です。草花に冷たい露が宿る季候です。すでに美留和では霜が降りていますが,本州では秋の長雨が終わり,秋が深まるころです。
10月9日(日)
美留和は,移動性高気圧に覆われます。
9日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
今日は二十四節気の「寒露」です。
10月8日(土)
美留和は,移動性高気圧に覆われます。
8日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
1931(昭和6)年10月8日,国立公園法(現自然公園法)が公布されました。1934(昭和9)年12月4日,阿寒国立公園が指定されました。
10月6日(木)
美留和を覆っていた移動性高気圧が東海上に遠ざかります。かわって大陸から気圧の谷が接近してきます。
6日の美留和のお天気は,下り坂です。朝から時々雨が降るでしょう。
北海道電力が,これから冬季にかけて電力使用量が増加する時期を迎えるなか,電力の需給情報を知らせる観点から、日々のピーク時の供給力や予想最大電力などが見られる「でんき予報」を10月6日(木)から始めます。
こちら
10月5日(水)
美留和は,引き続き移動性高気圧に覆われます。 5日も美留和は,晴れますが「,午後,上空に寒気が流れ込むため一時的に雨が降るでしょう。
10月4日(火)
美留和は,大陸育ちの移動性高気圧に覆われます。
4日の美留和は,概ね晴れるでしょう。日中は風も弱く暖かくなるでしょう。
アサヒから“冬季限定”の新ジャンル登場!『アサヒ 冬の贈り物』10月4日新発売!〜やわらかなコク、すっきりとした飲み口が特長〜

10月3日(月)
美留和は,西高東低の気圧配置です。
3日の美留和は,日中は雲が多めながら時折,晴れ間もあるでしょう。時雨になることもあります。
3日朝の予想最低気温は,-3℃と冷え込むでしょう。
牛丼チェーン「すき家」で10月3日から、デミグラスソースを使ったハンバーグメニュー3品を販売します。新メニューは、デミバーグ定食(ごはん並盛480円)のほか、温泉卵をのせた「デミたまバーグ定食」(同540円)、とろけるチーズをトッピングした「デミチーズバーグ定食」(同580円)。
10月2日(日)
美留和は引き続き,西高東低の気圧配置です。 2日の美留和は,朝のうち晴れますが,昼前から雲が多くなるでしょう。時雨となることもあるでしょう。西寄りの風が強いでしょう。
10月1日(土)
気圧の谷が美留和のの東に遠ざかり,大陸から高気圧が張り出してきます。
西高東低の冬型になります。ぐっと冷え込むでしょう。
1日の美留和は概ね晴れるでしょう。北西からの強い風,木枯らしが吹くでしょう。
東芝ホームアプライアンスは、家庭用自走式クリーナーの新製品として、スマートロボットクリーナー「Smarbo(スマーボ) VC-RB100」を、10月1日に発売します。
9月30日(金)
日本海から前線を伴った低気圧が接近してきます。
30日の美留和は,次第に雲が厚くなり,夜のはじめころから雨が降り出すでしょう。
気圧の谷が通過する10月1日以降,ぐぐっと冷え込むでしょう。
9月28日(水)
美留和は,引き続き東西に長く伸びる帯状の高気圧に覆われます。
28日も美留和は,概ね晴れるでしょう。
10月1日以降,ぐぐっと冷え込むでしょう。
9月27日(火)
美留和は,引き続き東西に長く伸びる帯状の高気圧に覆われます。
27日も美留和は,概ね晴れるでしょう。
10月1日以降,ぐぐっと冷え込むでしょう。
9月26日(月)
美留和は,引き続き大陸からの移動性高気圧に覆われます。
26日も美留和は,概ね晴れるでしょう。
10月1日以降,ぐぐっと冷え込むでしょう。
ハウス食品は、ウコンやニンニクなどを配合した「力」シリーズの新商品『唐辛子の力』を9月26日より発売します。

9月25日(日)
美留和は大陸からの移動性高気圧に覆われます。
25日の美留和は,概ね晴れるでしょう。
9月24日(土)
美留和は弱い気圧の谷に入っていますが,次第に大陸からの移動性高気圧に覆われてきます。
24日の美留和は,朝のうち雨が残りますが,午後から晴れ間が見えてくるでしょう。
9月23日(金)
美留和は弱い気圧の谷に入ります。
23日の美留和は,曇りがちですが,時々晴れ間も出るでしょう。夕方,上空には寒気が入り込むため大気が不安定となり,一時的に雨が降るでしょう。
9月22日(木)
台風15号は勢力を弱めながら北東進し、北海道の東海上を抜け千島近海に達する見込みです。 この影響で、美留和では午前中を中心に雨や北寄りの風が強くなるでしょう。
午後からは,曇りがちで一時的に雨が降るでしょう。
9月21日(水)
台風15号は,21日からは急速に動きを速め,ながら北東に進みます。また、本州には前線があり、台風の北上とともに21日夜には,前線が美留和に接近する見込みです。
北海道付近では,台風の動きが速いため,美留和は,急激に風と雨が強る見込みです。
21日の美留和は,日中は曇りがちでしょう。夕方から雨が降るでしょう。 次第に東よりの風が強くなり,雨脚が強くなるでしょう。
9月20日(火)
秋雨前線が関東地方南部まで南下します。美留和は大陸の高気圧に覆われます。
20日の美留和は,雲が多いものの,時々晴れ間がでるでしょう。朝晩は冷え込むでしょう。
日清食品は、カップヌードルが発売40周年を迎えるのを記念して、カップヌードルとカップヌードルの容器に機動戦士ガンダムのプラモデルが入ったアニバーサリーパックを9月20日に発売します。

9月19日(月)
秋雨前線が東北地方南部まで南下し,台風16号が前線の沿って東進します。大陸の高気圧が張り出してきます。一時的に西高東低の冬型気圧配置になります。
19日の美留和は,曇りがちで,午後から,ときどき晴れ間が出てくるでしょう。冷たい北風が吹きます。
台風15号の進路によっては,21,22,23日,美留和が台風の影響範囲に入る可能性があります。
「明治チョコレートアイスクリームバー」「明治ミルクチョコレートアイス」(カップタイプ)の2品を2011年9月19日(月)から全国で発売します。

〜 発売から30周年を迎えました! 〜『雪見だいふく』2011年9月19日(月)から全国で発売
『雪見だいふく』の商品特長
1.1981年の発売開始から30周年を迎えた『雪見だいふく』。感謝の気持ちを込めた「ありがとう30周年」ロゴをパッケージに入れた商品が登場。
2. 冷たいアイスをふっくら柔らかいおもちで包んだ、もちもち食感が楽しめる和風アイスです。
3. パッケージの写真を撮り直し、さらに「ふっくら」「もちもち」が伝わるパッケージになりました。パッケージのうさぎの影絵は3パターンあり、雪見だいふくの可愛らしい世界観を演出しています。
4. フタの裏には、「雪見だいふくトリビア」(全7種類)を掲載。
5. 主なターゲットは、女子中高生を想定しています。

9月18日(日)
北海道の南岸にある秋雨前線が東北地方南部まで南下します。
18日の美留和は,曇りがちで,断続的に雨が降るでしょう。
肌寒くなるでしょう。
9月18日の夜,東の空で月とプレアデス星団(すばる)が接近します。
9月17日(土)
北海道北部に停滞していた秋雨前線が次第に南下します。
17日の美留和は,曇りがちで,午後から雨が降るでしょう。
17日午後からの降雨を契機に18日以降ぐっと冷え込みます。
ツールド北海道2ndStage(川湯温泉〜津別峠〜鹿追町)
川湯温泉を午前9時30分にスタートします。
9月16日(金)
秋雨前線が北海道北部に停滞します。
16日の美留和は,曇りがちですが時折,晴れ間も見えるでしょう。
南から暑く湿った気流が流れ込むため,蒸し暑くなるでしょう。
18日以降ぐっと冷え込みます。
ツールド北海道1stStage(帯広〜阿寒湖畔〜弟子屈〜多和平)
13:49ころフクハラ摩周店前を通過します。
9月15日(木)
移動性高気圧は,東海上に去っていきます。替わりに日本海北部にある秋雨前線が、徐々に美留和に延びてきます。
15日の美留和のお天気は下り坂です。日中は曇りがちでしでしょう。
今後,この秋雨前線はゆっくりと南下します。18日以降ぐっと冷え込みます。
9月14日(水)
上空の偏西風の軸が美留和付近まで南下しています,しばらくは天気が目まぐるしく変わります。
美留和は移動性高気圧に覆われます。
14日の美留和は,朝のうち霧や雲が出ますが,日中は概ね晴れるでしょう。
18日以降ぐっと冷え込みます。
9月13日(火) 昨日,雨を降らせた低気圧は東の海上に去りますが,美留和には気圧の谷に入ったままです。
13日の美留和は曇りがちで,時折晴れ間が見えるでしょう。
18日以降ぐっと冷え込みます。
2011年ガリガリ君30周年記念商品 第4弾「ガリガリ君ソーダミルクプレミアム新発売」
伝説の商品「シャリシャリ君」から6年、スティックアイスからカップアイスに変身しました.。9月13日(火)より全国で新発売

9月12日(月)
前線をともなった低気圧が美留和付近を通過します。
12日の美留和は,夜まで雨が降り続けます。
今宵は,中秋の名月です。美留和は,残念ながら暑い雲に覆われます。
日清シスコ は、「トミカビスケット」を9月12日(月)に全国で発売します。本製品は、株式会社タカラトミーより発売中のミニカー「トミカ」のブランドを使用した子供用のビスケットで、ビスケットにはトミカのイラストが11種類プリントされています。

9月11日(日)
移動性高気圧は足早に日本の東海上に去り,気圧の谷が美留和に接近します。お天気は下り坂です。
美留和の11日は,朝方は晴れますが,日中は曇りがちでしょう。夜おそくから雨が降ります。朝方は冷え込むでしょう。
9月10日(土)
美留和は。大陸からの移動性高気圧に覆われます。
美留和の10日は,からっとした青空が広がります。
9月9日(金)
美留和に気圧の谷が接近します。湿った空気が入るため,雲が多くなります。
マクドナルドは9月9日から、秋の定番メニュー「月見バーガー」「チーズ月見」「大月見(だいつきみ)バーガー」を期間限定で販売します。
9月8日(木)
美留和は太平洋高気圧に覆われます。
8日の美留和は,澄み切った青空が広がるでしょう。乾燥した西の風が吹くでしょう。
キヤノン:インクジェットプリンターPIXUS MG6230など7機種を9月8日より順次発売します。

9月7日(水)
台風13号からかわった温帯低気圧が,根室沖の太平洋から択捉島付近を通過し,オホーツク海まで北上します。
7日の美留和は,午前中は台風一過の澄み切った青空が広がります。
9月6日(火)
日本海北部に台風12号から変わった温帯低気圧,,釧路沖に台風13号があり,それぞれ北上しています。
美留和は両低気圧に挟まれています。
6日の美留和は,曇りがちですが,時おり晴れ間が見えるでしょう。また一時的に雨が強く降ることもあります。
からあげクン紀州南高梅(梅肉入り)」(税込210円)を9月6日(火)より全国のローソン店舗で発売します。

9月5日(月)
台風12号は,日本海を北東に進んでおり,今後温帯低気圧に変わる見込みです。
台風13号が日本の東にあって北に進んでおり,7日には千島近海に達する見込みです。
美留和では、台風の直接的な影響は少ない見込みですが、南から暖かく湿った空気が流入しており、6日にかけて大気の不安定な状態が続くでしょう。
5日の美留和は,朝のうち曇りますが,お昼前後から雨が降るでしょう。一時的に強く降るでしょう。
カルピスソーダ」巨峰 新発売. 2011年9月5日発売

9月4日(日)
北海道北部に停滞していた活発な秋雨前線が,サハリン南部まで北上します。
4日の美留和は,未明から朝にかけて雨が降ります。日中は曇りがちですが,午後は時折,陽がさすでしょう。
台風12号は日本海を北上しています。5日から6日にかけて,美留和に影響が出る可能性があります。
1994(平成6)年9月4日,関西国際空港が開港しました。
今日は櫛(クシ)の日です。
9月3日(土)
サハリンの東から北海道の北部に,さらに日本海にかけて活発な秋雨前線が停滞しています。 この前線に向かって南から暖かい湿った空気が流れ込んでいます。
美留和の3日は,前線と台風12号の間接的なの影響で,昼過ぎまで,断続的に雨が降るでしょう。雨雲が発達して一時的に雷をともなって強い雨となる可能性があります。夕方には晴れ間がみえるでしょう。
いまの美留和や釧路地方は,前線による雨が降っています。これから前線が離れれるので,いったん雨はあがります。あらためて5日ごろ,台風が接近してきて,台風本体の雨雲による雨が降ります。さらなる警戒が必要です。
9月3日(土),美留和神社お祭りです。
9月2日(金)
北海道の北部に秋雨前線が停滞します。この前線に向かって温かく湿った気流が入り込むため,前線の活動が活発化します。
美留和の2日は,終日,断続的に雨が降るでしょう。一時的に雷をともなって強く降るでしょう。

「筆まめVer.22」 2011年9月2日(金)発売

9月1日(木)
美留和は,引き続き,高気圧の縁にあたるため雲が広がりやすいでしょう。高気圧の縁にそって,台風12号への温かく湿った空気が次第に入り込みます。
1日の美留和は,午前中は雲が多いですが,午後から晴れ間がでるでしょう。日中は,蒸し暑くなるでしょう。
9月3日-4日,美留和は台風12号の影響で,荒れた天気となる可能性があります。
チュッパチャプス リップクリーム 9月1日(木)発売

8月31日(水)
美留和は,高気圧の縁にあたるため雲が広がりやすいでしょう。高気圧の縁にそって,台風12号への温かく湿った空気が次第に入り込みます。さらに,上空に寒気が流入するため、大気の状態が不安定となるでしょう。
31日の美留和は,曇りで,一時的に雨が降るでしょう。夜半すぎに雷を伴って強く降る可能性もあります。日中は,蒸し暑くなるでしょう。
9月3日-4日,美留和は台風12号の影響で,荒れた天気となる可能性があります。
ポケットに入れて持ち歩けるデジタル一眼カメラ「PENTAX Q」8月31日(水)新発売─レンズ交換式で世界最小・最軽量を実現した独自開発の新システムを採用─

8月30日(火)
30日の美留和は,高気圧からの湿った空気の流入により、雲が広がりやすいでしょう,
特に朝晩は、低い雲が出やすく、霧となる可能性があります。
9月2日から3日にかけて美留和は台風12号の影響を受ける可能性があります。
−196℃ ストロングゼロ〈ダブル完熟梅〉」新発売― 完熟梅をダブルで使用した飲みごたえのあるおいしさ ― サントリー−196℃ ストロングゼロ〈ダブル完熟梅〉」を8月30日(火)から全国で新発売します。

8月29日(月)
ここ数日,美留和を覆っていた高気圧がゆっくりと日本の東海上へと遠ざかっていきます。 29日の美留和は,概ね晴れますが次第に雲が多くなります。また湿気もしだいに多くなってきます。
新マグカップで、楽しく食べてエコスタイル!「カップヌードル リフィル用フタ付マグカップ」2011年8月29日(月) 新発売

8月28日(日)
美留和は,引き続き大陸からの高気圧に覆われます。
28日の美留和は,からっとした晴天となるでしょう。洗濯日和です。
1953(昭和28)年8月28日、日本テレビが民間放送として国内で初のテレビ放送を開始しました。
1880(明治13)年8月28日、東京・深川の楽器職人、松永定次郎氏によっ 国産第1号のバイオリンが完成しました。
1994(平成6)年、第1回の気象予報士国家試験が行われました。合格率は18%でした。
8月27日(土)
美留和は,大陸からの高気圧に覆われます。
27日の美留和は,からっとした晴天となるでしょう。洗濯日和です。
コンパクトなスマートフォン「ドコモ スマートフォン XperiaTM ray SO-03C」8月27日(土)から発売。

8月26日(金)
秋雨前線は,東北から九州北部の日本海側に南下します。代わって美留和は大陸からの高気圧に覆われます。しかし26日の午後,上空の寒気が美留和付近を通過して大気の状態が不安定になる見込みです。
26日の美留和は午前中,晴れますが,昼過ぎから夜のはじめ頃まで雨が降るでしょう。落雷の可能性もあります。
9月1日と2日,美留和は台風12号の影響で天気が崩れる可能性があります。
日本マクドナルドは、朝食メニュー"朝マック"の新商品「チキンマフィン」を、全国のマクドナルド店舗にて、8月26日(金)より期間限定で販売します。

8月25日(木)
秋雨前線東北から九州北部の日本海側に停滞しています。
美留和は朝のうち晴れ間も見えますが,昼前から夕方にかけて一時的に雨が降るでしょう。
1958(昭和33)年8月25日、日清食品が世界初の即席ラーメン「チキンラーメン」を発売しました。
日清食品は、横浜みなとみらいに建設中の「カップヌードルミュージアム」を、2011年9月17日(土) 12:00にグランドオープンします。これに先立ち、チキンラーメンを手作りできる体験工房「チキンラーメンファクトリー」の予約受付を、「チキンラーメン」の誕生日である2011年8月25日(木) 10:00より開始します。

8月24日(水)
秋雨前線が北上し,日本海から東北地方に停滞します。午後から大陸から高気圧が美留和に張り出してきます。
美留和の24日は,曇りがちで午前中,小雨が降るでしょう。午後からは晴れ間が見えてくるでしょう。
8月28日頃から約1週間は、気温が平年より高くなるでしょう。週の前半と後半で気温の変動が大きい見込みです。
西暦79年8月24日、イタリアのヴェスビアス火山が突然噴火し、麓のポンペイの市街が約8メートルの火山灰により埋没しました。1738年に農夫がこの遺跡を発見し、発掘により当時の町の様子がそのまま出現しました。
また1962(昭和37)年に三宅島が大噴火を起こしたのも8月24日でした。
キリンビールは、今年で21年目を迎え、秋の定番ビールとして好評いただいている秋季限定ビール「キリン秋味」を,8月24日から全国で発売します。

8月23日(火)
美留和は引き続きオホーツク海にある高気圧に覆われます。秋雨前線が東北地方北部まで徐々に北上してきて美留和に接近してきます。
美留和の23日は,曇りがちで,お昼前後から雨が降りだすでしょう。
8月26日頃から約1週間は、気温が平年より高くなるでしょう。週の前半と後半で気温の変動が大きい見込みです。
今日は二十四節気の「処暑」です。朝夕は心地よい涼風が感じられる頃です。
1868(明治元)年8月23日、戊辰戦争で会津藩の白虎隊が城下の飯盛山で自刃しました。
アサヒビールは、低アルコール飲料の主力ブランド『アサヒSlat(すらっと)』の新フレーバー、「アサヒSlat(すらっと)期間限定カシス&オレンジ」を2011年8月23日(火)から11月末までの期間限定で全国で新発売します。

8月22日(月)
秋雨前線が本州南岸から東北地方南部まで徐々に北上してきます。美留和は引き続きオホーツク海にある高気圧に覆われます。
美留和の22日は,曇りがちですが,時折晴れ間が出るでしょう。
8月26日頃から約1週間は、気温が平年より高くなるでしょう。週の前半と後半で気温の変動が大きい見込みです。
日清SOUPワンタンから寒い季節に向けて "みそ" 味新発売! 「日清SOUPワンタン コク旨みそ味」 8月22日(月) 発売

明星食品は、カップめんの『明星 小麦の時間 鶏ガラしょうゆ味』、『明星 小麦の時間 鶏ガラしお味』を,8月22日(月)から全国で新発売
8月21日(日)
引き続き秋雨前線が九州から関東南部にかけて停滞します。美留和はオホーツク海にある高気圧に覆われます。
美留和の21日は,曇りがちですが,時折,晴れ間が見えることもあでしょう。
8月26日頃から約1週間は、気温が平年より<かなり高くなるでしょう。週の前半と後半で気温の変動が大きい見込みです。
第4回屈斜路湖コタン夏のイベント2011
屈斜路湖コタン杯争奪卓球大会、カラオケ、フリーマーケットなどを開催。ワインの試飲、弟子屈ラーメンによるフードコーナーなど大人も子どもも楽しめます。
日時:2011年8月21日(日)9:00〜18:00
会場:コタン桜公園特設会場*古潭露天風呂手前に駐車場あり
1964(昭和39)年8月21日.それまでの売血制度と決別して献血の推進が閣議決定されましtた。
1877(明治10)年8月21日東京の上野公園に日本で初めての西洋式の噴水が設置されました。
熊本県産メロン果汁を加えた芳醇な味わい,,『季節を彩るカルピス』メロン」発売−8月21日から10月末までの期間限定−

8月20日(土)
秋雨前線が本州の南岸まで南下し停滞するでしょう。美留和はオホーツク海にある高気圧に覆われてきます。しかし,上空の寒気が断続的に通過して,大気の状態が不安定となるでしょう。
美留和の20日は,曇rりがちですが一時的に雨が降るでしょう。時折,晴れ間が見えることもあでしょう。
8月26日頃から約1週間は、気温が平年よりかなり高くなるでしょう。気温の変動が大きい見込みです。
1931(昭和6)年8月20日,東京の銀座や京橋などに赤・黄・青、3色の交通信号機が設置されました。
スターバックス ブランドの家庭用コーヒーが2011年8月20日から商品販売エリア拡大し全国で販売開始されます。
サッポロファインフーズ(株)は、2011年8月20日から秋季限定商品として「ジャーマンポテト味」を新発売します。
8月19日(金)
秋雨前線が東北地方の南部まにあり,さらに本州の南岸まで南下します。代わってオホーツク海にある高気圧に覆われてきます。
美留和の19日は,朝のうち雨が残りますが,日中は曇るでしょう。午後からは晴れ間が見えてくるでしょう。
今日は,俳句の日・バイクの日です。
800万画素デジタルカメラ『コニカミノルタ ディマージュX1』(以下 「ディマージュX1」)および「ディマージュX1」用別売アクセサリーを8月19日に発売します。 厚さ19.5mmの薄型・先進的デザインのボディに、手ぶれ補正機構「Anti-Shake(アンチシェイク)」とレンズの出ない光学3倍「フラットズーム」GTレンズを内蔵し、デザイン性と高機能を両立したデジタルカメラです。


8月18日(木)
引き続き秋雨前線が北海道の南岸に停滞していまますが,この秋雨前線は次第に南下するでしょう。
美留和の18日は,午前中,雨が残ります。午後には雨がやむでしょう。 ...
8月17日(水)
引き続き秋雨前線が北海道の南岸に停滞します。
美留和の17日は,めまぐるしく天気が変わるでしょう。朝のうち雨が残ります。日中は雲が多いものの時々晴れ間がでるでしょう。夕方,一時的に雨が降るでしょう。
2011年8月17日テレビ北海道(TVh)が釧路地域で試験放送を開始します。地上デジタルン7チャンネルです。なお本放送は8月26日(金)からです。
今日はパイナップルの日・いなりの日です。
ソフトバンクモバイルは、使いやすさに配慮したホーム画面を標準搭載した「シンプルスマートフォン SoftBank 008Z」(ZTE製)を8月17日より全国で発売します。
8月16日(火)
秋雨前線が東北北部から北海道の南の海上に停滞します。
美留和の16日は,終日,断続的に雨が降るでしょう。
18日までお天気がぐずつくでしょう。
今日は京都・五山送り火です。
2007(平成19)年8月16日に岐阜県多治見市と埼玉県熊谷市で日本の最高気温となる40.9℃を観測しました。
8月15日(月)
オホーツク海に低気圧があって東進しています。この低気圧からのびる秋雨前線が,美留和を通過します。美留和は気圧の谷に入ります。この秋雨前線が18日ころまで美留和付近に停滞します。
美留和の15日は,曇りがちで時折薄日がさすでしょう。夕方から雨が降るでしょう。
8月14日(日)
沿海州に低気圧があって東進しています。この低気圧からのびる秋雨前線がゆっくり南下し,美留和に接近してきます。美留和の天気は下り坂です。この秋雨前線が18日ころまで美留和付近に停滞します。
美留和の14日は,雲に覆われて,夕方から雨が降るでしょう。日中は,やや蒸し暑くなるでしょう。
8月13日(土)
美留和は引き続き高気圧に覆われ、晴れの天気が続く見込みです。 美留和の13日は,概ね晴れるでしょう。朝晩は涼しくなるでしょう。
8月12日(金)
美留和は高気圧に覆われ、晴れの天気が続く見込みです。
美留和の12日は,概ね晴れるでしょう。朝晩は涼しくなるでしょう。
今日は,航空安全の日,茜雲忌です。1985(昭和60)年8月12日、日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落し、520人の犠牲者を出しました。生存者は4人でした。金属疲労による圧力隔壁破壊が原因とされています。 遺族らがつくる「8・12連絡会」が編集したメッセージ集のタイトルから「茜雲忌」とも呼ばれます。
ほかに,晴れの特異日・国際青少年デーです。
8月12日(金)より全国のマクドナルド店舗にて「チキンタツタ」復活 8月12日(金)より期間限定販売。

8月11日(木)
サハリン付近にある低気圧からのびる気圧の谷が通過中です。
美留和の11日は,朝方まで雨が残りますが,日中は曇りで,徐々に晴れ間が多くなるでしょう。
午前中は北西の風が強いでしょう。
任天堂は、8月11日より「ニンテンドー3DS」を15000円に値下げします。
8月10日(水)
台風9号から変わった温帯低気圧がサハリンを東進します。
美留和には,この低気圧に向かって暖かい南西の風が流れ込みます。
美留和の10日は,日中は曇で時折薄日がさしますが,午後から雨となるでしょう,特に夕方は南西の風とともに雨が強く降るでしょう。
この蒸し暑さは11日までで12日からは涼しくなるでしょう。
今日は,道の日・宿の日・ホームヘルパーの日・帽子の日・トイレの日・イエローハットの日・健康ハートの日です。
楽天の電子書籍ストアは「Raboo」。Panasonicが専用端末「UT-PB1」を3万4800円で販売します。
8月8日(月)
美留和は,北海道のはるか東海上にある高気圧から西に張り出す気圧の尾根の中にありますが,しだいに気圧の谷が接近してきます。
8日の美留和は午前中は晴れますが,次第に雲が多くなりでしょう。夕方,にわか雨の可能性もあります。
11日は台風9号から変わった温帯低気圧の影響で天気が崩れるでしょう。
今日は,二十四節気の立秋です。暦の上では立秋の前後が暑さのピークです。観覧車でいえば一番高いところに来ています。これからは涼しくなるばかりです。今日かから立冬(11月8日)の前日までが秋です。
今日は,そろばんの日です。全国珠算教育連盟が、そろばんの普及とその優れた機能をアピールするために1968(昭和43)年に制定しました。そろばんをはじくとき、「パチパチ」と音をたてるところから8月8日としました。ほかにプチプチの日・パパイヤの日・ヒゲの日・親孝行の日・発酵食品の日・ひょうたんの日・白玉の日・かわらの日です。
東洋水産では、フリーズドライスープ「マルちゃん 南欧産トマトスープ 5食パック」を2011年8月8日より全国にて新発売します。
8月9日(火)
美留和は,南海上の高気圧がおおわれていますが、高気圧の周辺から流れ込む暖かく湿った空気の影響を受けるます。
9日の美留和は終日曇りがちでしょう。
11日は台風9号から変わった温帯低気圧の影響で天気が崩れるでしょう。
今日は,長崎原爆忌・ハグの日・駐車場の日・薬草の日・世界の先住民の国際デー・形状記憶合金の日・ハリ灸の日・野球の日です。

8月7日(日)
美留和は,北海道の東海上にある高気圧にゆるやかに覆われてきます。
7日の美留和は晴れて時々曇る程度でしょう。夕方,にわか雨の可能性もあります。
今日は,月遅れ七夕です。明治時代に新暦となり季節感がずれたため、1月遅らせて七夕を祝います。ほかに,花の日・鼻の日・バナナの日です。
NTTドコモは、英国の高級トラベルケースブランド「GLOBE-TROTTER」とコラボレーションした同社スマートフォンの新製品「ドコモ スマートフォン F-12C」を8月7日に発売します。
8月6日(土)
美留和は弱い気圧の谷に入ってます。さらに上空に強い寒気が流れ込むため,大気の状態が非常に不安定になります。
美留和の6日は,朝のうち霧が残ります。午前中は,ぐんぐん気温があがります。最高気温は30℃前後に達するでしょう。しかし,昼過ぎから天候が急変します。急な雨となり,雷もあるでしょう。
カゴメ株式会社は、今年の国産トマトで作った「新物トマトジュース」を8月16日(火)から出荷開始するのに伴い、2002年以来9年ぶりとなる「カゴメトマトジュース」の新TVCMを、8月6日(土)から放映を開始します。
8月5日(金)
ここ数日,美留和に好天をもたらした高気圧が次第に美留和から離れていきます。美留和は,この高気圧の辺縁にあたるため,南から暖かく湿った空気が流れ込みます。
美留和の5日は。終日,低い雲がかかりやすいでしょう。
キリングループは、2011年8月5日からTVCMで「ありがとう。なでしこジャパン篇」を放映します。
今日は,タクシーの日です。1912年(大正元年)8月5日、東京・有楽町五丁目一番地(数寄屋橋付近)に日本初のタクシー会社「タクシー自動車株式会社」が営業を開始しました。 ほかに,ハンコの日,ハコ(箱)の日,たまごの日です。
8月4日(木)
美留和は,北海道の南東海上にある高気圧にゆるやかにおおわれています。美留和には南から暖かく湿った空気がi太平洋からの移流霧とともに流れ込みます。
美留和の4日は。霧による低い雲がかかりやすいですが,時折,晴れます。蒸し暑くなるでしょう。
2011年8月4日(木)サンシャイン水族館、グランドオープンです。昨年より全館リニューアル工事のため休館していた水族館が、施設名を「サンシャイン水族館」に改めてオープンします。
1899(明治32)年8月4日、東京・銀座の新橋際に、現存する中では日本で最も古いビアホール「ヱビスビヤホール」(サッポロライオンの前身)が開店しました。
ほかに,ゆかたの日,橋の日,箸の日です。
8月3日(水)
美留和は,オホーツク海から根室沖の太平洋に移動する高気圧に覆われます。
美留和の3日は,朝のうち霧が出ますが,日中は概ね晴れるでしょう。
今日は,はちみつの日,はさみの日,司法書士の日です。
8月2日(火)
美留和は,引き続きオホーツク海に中心をもつ高気圧に覆われます。
美留和の2日は,曇りがちですが,日中ときおり薄日が射すでしょう。
本日,すいか果汁を使用した清涼飲料「すいか」,「バヤリース オレンジ ボトル缶300g(モンハンデザイン缶)」,「プレミアム三ツ矢サイダー 国産梨」新発売です。
8月1日(月)
美留和は,引き続きオホーツク海に中心をもつ高気圧に覆われます。
美留和の31日は,曇りがちですが,日中ときおり薄日が射すでしょう。
7月31日(日)
美留和は,オホーツク海に中心をもつ高気圧に覆われます。
美留和の31日は,曇りがちですが,日中ときおり薄日が射すでしょう。
今日は,蓄音機の日です。1877(明治10)年7月31日,エジソンが蓄音機の特許をとったことによります。
また,1959(昭和34)年7月31日に特急こだまが、狭軌鉄道での世界最高速記録を樹立しました。
7月30日(土)
オホーツク海に中心をもつ高気圧にあり,ゆっくりと南下しています。
美留和の30日は,このオホーツク海高気圧から冷たく湿った北寄りの風が流れ込むために,曇りがちで肌寒くなるでしょう。
1971(昭和46)年7月30日,岩手県雫石町上空で全日空機と自衛隊機が空中衝突。162人が死亡(全日空機雫石衝突事故)。ほかに梅干の日,プロレス記念日です。
7月29日(金)
美留和は,移動性高気圧に覆われます。
29日の美留和は、概ね晴れの天気となる見込みです。
オホーツク海北部に高気圧が発生し,今後,次第に勢力を増してきます。30日以降,このオホーツク海高気圧に覆われるため肌寒くなります。
今日は凱旋門の日です。1836年7月29日,ナポレオンが1806年に建造を命じたパリの凱旋門が完成したことに由来します。ほかにアマチュア無線の日です。
7月28日(木)
美留和は,北海道の南東海上にある高気圧におおわれます。 28日の美留和は終日,晴れるでしょう。
7月30日からの約1週間程度、気温が平年よりかなり低くなると見込まれます。
今日,Java SE 7の正式版が公開されます。今日は,第一次世界大戦開戦記念日です。1914(大正3)年7月28日,オーストリアがセルビアに宣戦布告し、第一次世界大戦がはじまりました。ほかに「菜っ葉の日」「なにわの日」です。
7月27日(水)
美留和は気圧の谷の中となります。湿った南風の影響で雨雲が拡がりやすいでしょう。 27日の美留和は,晴れて時々曇りますが,大気の状態が不安定となり,昼過ぎから雨が降り出すでしょう。
7月30日からの約1週間程度、気温が平年よりかなり低くなると見込まれます。
“氷を入れるとコクが引き立つ、新スタイルビール”として、「キリン アイスプラスビール」を7月27日に全国のコンビニエンスストアにて数量限定で発売します。 ほかに,今日はスイカの日です。

7月26日(火)
美留和は,太平洋にある高気圧から緩やかに覆われます。午後から上空に寒気が流れ込むたむ,大気が不安定となるでしょう。
26日の美留和は,晴れて時々曇るでしょう。夕方,にわか雨が降る可能性があります。29日以降しばらく肌寒い日が続くでしょう。
PEPSIのラインナップとして「ペプシ カリビアンゴールド」を今日から全国で季節限定発売。
全国のローソン店舗でプレミアム夕張メロンのシュークリームを今日から発売。
ほかに,今日は,ポツダム宣言記念日です。1945(昭和20)年7月26日、アメリカ・イギリス・中国の三ヶ国の首脳の名のもとに、日本に無条件降伏を迫る「ポツダム宣言」が発表されましや。

7月25日(月)
台風6号から変わった温帯低気圧が千島列島付近に達します。 美留和はこの低気圧を含む気圧の谷に入ります。曇りがちですがが,藻琴山越えの北風が吹いて,時々晴れて暑くなるでしょう。

今日は,「カップヌードルごはん」全国一斉発売です。レンジでチンして食べられるカップヌードル味のご飯です。ほかに味の素の日・かき氷の日(夏氷の日)です。

7月24日(日)
先日九州・四国・本州に大雨をもたらした台風6号は勢力を維持したまま東北の沖合いを北上し、温帯低気圧に変わるでしょう。また,美留和は,太平洋にある高気圧の縁辺となり,上空に寒気が入ってくるため、雲が発達しやすくなるでしょう。お天気は下り坂です。
24日の美留和は雲が多く、にわか雨が降るでしょう。
今日は,アナログ放送終了の日です。7月24日の正午までは通常のアナログ放送が流れますが、正午になるとブルーバックのお知らせ画面が表示され、通常の放送は流れなくなります。ほかに劇画の日です。
7月23日(土)
太平洋にある高気圧からゆるやかに覆われます。
美留和の23日は,朝のうち霧に覆われますが,その後,時々晴れるでしょう。
今日は,二十四節気の大暑です。今日から立秋までの間が一年で一番暑い候です。ほかに米騒動の日・天ぷらの日です。
7月22日(金)
オホーツク海にあった高気圧が根室沖まで南下します。
美留和の22日は,この高気圧にゆるやかに覆われます。晴れて時々曇るでしょう。南風になります。
今日は,著作権制度の日・聖マリア・マグダレーナの祝日・下駄の日・ナッツの日です。
7月21日(木)
引き続き美留和は,オホーツク海にある高気圧から冷たく湿った空気が流れ込みます。
美留和の21日は曇りがちですが,時折,陽が射すでしょう。
22日以降,この高気圧が太平洋まで南下します。気温もあがってくるでしょう。
今日は破防法公布記念日・土用丑の日・自然公園の日・マージャンの日です。
7月20日(水)
美留和は,オホーツク海にある高気圧から冷たく湿った空気が流れ込みます。
美留和の20日は曇りがちですが,午後からは,時折,陽が射すでしょう。
今日は夏土用入りです。この日から次の立秋の直前までが「土用」の期間で,酷暑の時期です。「土用丑の日」とはこの夏の土用期間中の「丑の日」を指します。今年は「丑の日」が二回あります。「一の丑」が7月21日「二の丑」が8月2日です。
7月19日(火)
美留和は,オホーツク海にある高気圧から冷たく湿った空気が流れ込みます。
美留和の19日は曇りがちでしょう。時折,陽が射すでしょう。
今日は北壁の日です。1967(昭和42)年7月19日、東京女子医大山岳部の今井通子さんと若山美子さんの2人がマッターホルンの北壁からの登頂に成功しました。女性だけのパーティーでの北壁登攀は世界初でした。ほかに女性大臣の日です。
7月18日(月)
昨日,雨を降らせた低気圧や梅雨前線は東海上に去ります。かわって日本海北部にある高気圧にゆるやかにがおおわれます
18日の美留和は,朝のうち,雲が多いものの,時折,日がさすでしょう。
今日は,海の日です。海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う日です。もともと7月20日の海の日が祝日化したもの,2003年から7月第3月曜日に変更されました。
1970(昭和45)年7月18日に東京都杉並区で日本で最初の光化学スモッグが発生しました。被害のあった立正高校では体育授業中の生徒が突然目の痛みや頭痛などを訴えて倒れ、40数人が病院へ運ばれました。
7月17日(日)
梅雨前線を伴った低気圧が美留和をゆっくりと通過します。
17日の美留和は,終日,雨でしょう。夕方には雨が上がるでしょう。
今日は,東京の日・漫画の日・いなりの日・国産なす消費拡大の日・あじさい忌(1987(昭和62)年7月17日石原裕次郎逝去)です。
美留和上空2011夏物語
現在,北軍のオホーツク海気団と南軍の小笠原気団が美留和上空でせめぎ合っています。ここのところ美留和の冷たくぐずついた天候が続いているのも北軍の影響です。
17日,南軍が北上し北軍を攻めてきます。17日の降雨は美留和上空が戦場になるためです。大方の予想では北軍が勝利するようです。その後,勢いづいた北軍が,また美留和上空を先週よりもパワーアップして支配します。そのため,また,ぐずついた天候が続きます。特に20,21日は先週よりもさらに気温が低くなります。
しかし,ここで思わぬ伏兵がやってきます。本州付近を西から東に横断する台風6号です。この台風6号が,北軍を熱帯の空気の渦に引きずりこんでしまうのです。これによって21日ころ北軍は消滅します。22日からはさわやかな晴天の日が続きます。本州も台風6号によって南軍の空気と北軍の空気と混ざり合って,若干涼しくなりそうです。台風6号がサーキュレータの役をするのですね。台風6号による被害がなければいいのですが。
ニュースや新聞での天気図を見る際に台風6号とともにオホーツク海にある高気圧の動きに着目してください。台風6号の接近とともに徐々に南下して消滅します。
7月16日(土)
北のオホーツク海気団と南の小笠原気団が美留和上空でせめぎ合っています。
日本海から低気圧が美留和に接近するとともに,東北地方北部に停滞していた梅雨前線がゆっくりと北上してきます。
16日の美留和は曇りがちで霧雨やモヤでぐずついた天気になります。夜のはじめころから雨が降り出すでしょう。
今日は,籔入り・盆送り火・駅弁記念日・国土交通Day・勤労青少年の日・同窓会の日です。
7月15日(木)
オホーツク海高気圧が南下し,北海道付近に停滞していた梅雨前線が東北地方北部まで南下します.。
美留和では,オホーツク海高気圧から冷たく湿った風が流れ込むため肌寒くなるでしょう。朝のうち雨が残ります。午後からは曇りがちでしょう。
今日は,満月・盆・盂蘭盆会・中元(新暦)・ファミコンの日(1983(昭和58)年、任天堂が家庭用ビデオゲーム機「ファミリーコンピュータ」を発売しました)・大阪港開港記念日です。
7月14日(水)
日本海から梅雨前線が接近し,そのまま北海道付近に停滞します。
美留和では,終日雨が降るでしょう。
今日は,ペリー上陸記念日・廃藩置県の日・検疫記念日・ひまわりの日・求人広告の日です。
7月13日(水)
美留和は,北にはオホーツク海高気圧,南に夏の主役,太平洋高気圧に挟まれて気圧の谷の中にあります。
美留和の日中は晴れ間が出るでしょう。陽が射すと蒸し暑くなります。
今日は,優生保護法の日・ナイスの日・生命尊重の日・オカルト記念日です。
7月12日(火)
引き続き梅雨前線が北海道に停滞しますが,これから消滅します。美留和は,北にはオホーツク海高気圧,南に夏の主役,太平洋高気圧に挟まれて気圧の谷の中にあります。
美留和の日中は晴れ間が出るでしょう。陽が射すと蒸し暑くなります。上空に寒気が流れ込むため大気の状態が不安定になります。夕方から雨がぱらつくでしょう。雷雨の可能性もあります。
今日は日本標準時制定記念日・人間ドックの日・ひかわ銅剣の日・パンの日・ローリング・ストーンズ記念日です。
7月11日(月)
引き続き梅雨前線が北海道に停滞しますが,活動は弱まります。
日中は曇りがちでしょう。
今日はYS-11記念日です。1962(昭和37)年、初の国産旅客機YS-11が完成しました。ほかに,世界人口デー・真珠記念日・セブンイレブンの日です。
7月10日(日)
10日,梅雨前線が北海道を横断し停滞します。9日夜遅くから10日朝にかけて南から暖かく湿った空気が入り、活動が活発になる見込みです。
美留和の10日は,朝のうち雨が残りますが昼にはやむでしょう。

今日は,納豆の日・指笛の日・潤滑油の日・ウルトラマンの日です。
7月9日(土)
9日,梅雨前線は津軽海峡付近に停滞します。前線の活動は弱まります。前線付近には弱い雨雲が散在する程度です。
9日美留和では,朝のうち霧が出ますが,晴れて蒸し暑くなるでしょう.。
9日午後以降,梅雨前線に代わってオホーツク海の高気圧が美留和に張り出してきます。10日から12日は,ぐずつき気味の天気となるでしょう。
8日,梅雨前線が北海道南岸まで北上し停滞します。美留和には南から暖湿流が流れ込みます。
8日の美留和は,曇りがちです。蒸し暑くなるでしょう.。
今日は,外務省開庁記念日・財務省開庁記念日・質屋の日・那覇の日・ナンパの日です。

7月7日(木)
今日は,二十四節気の「小暑」です。本格的な暑さが始まる頃でもあり集中豪雨のシーズンです。本州では,蓮の花が咲き、蝉の合唱が始まる頃です。また「七夕」です。
7日,梅雨前線が九州から本州の中部に北上し,活動が強まります。
7日の美留和は,晴れで時々,曇るでしょう。午後から大気の状態が不安定になるため夕方一時的に雨が降るでしょう。

7月6日(水)
今日は,公認会計士の日,記念日の日,ゼロ戦の日,ピアノの日,サラダ記念日です。
6日,梅雨前線は本州の南岸に停滞し,活動が弱まります。
6日の美留和は,曇りで時々,晴れ間も見えるでしょう。午後から大気の状態が不安定になるため夕方一時的に雨が降るでしょう。

7月5日(火)
今日は,農林水産省発足記念日です。1978(昭和53)年7月5日、「農林省」が「農林水産省」に改称されました。
5日,低気圧はオホーツク海に抜けます。梅雨前線も本州の南まで南下します。美留和は次第に気圧の尾根に入ります。
5日の美留和は,朝のうち晴れて蒸し暑くなります。しかし,大気の状態が不安定になるため午後から夕方にかけて一時的に雨が降るでしょう。
風が南寄りから北寄りに変わって涼しい風が吹いたら「にわか雨」に注意です。
7月4日(月)
今日は,那須の日・梨の日です。
4日,梅雨前線を伴った低気圧が津軽海峡からオホーツク海に抜けます。
4日の美留和は,この低気圧と梅雨前線の影響で朝から雨が降るでしょう。午後から,強く降ります。夜の初めころには雨がやみます。
7月3日(日)
今日は,通天閣開業記念日,みかんの日,ソフトクリームの日,波の日です。
梅雨前線の活動がいったん弱まりますが,日本海の中部に梅雨前線をともな>った低気圧が発生し,美留和に接近するため,お天気は下り坂で。曇りがちの一日となるでしょう。
4日は,この低気圧と梅雨前線が釧路南岸まで接近するので雨が降るでしょう。
7月2日(土)
今日は,雑節の半夏生(はんげしょう)です。
梅雨前線が消滅します。美留和は太平洋高気圧の縁にあたり,南から湿った暖かい気流が入ります。
2日に美留和は,曇りで,午後から晴れ間が見えるでしょう。はっきしりしないお天気となるでしょう。 朝方、霧やモヤの見込みです。

7月1日(金)
梅雨前線が徐々に南下し,関東地方に停滞します。また釧路沖に低気圧が発生します。そのため,引き続き南からの湿った空気が入ってきます。その後,梅雨前線は本州南岸に,低気圧は日本の東海上に去って行きます。
美留和の1日は,雲りで,午後から時々晴れ間が見えるでしょう。

6月30日(木)
梅雨前線が津軽海峡付近まで北上し,次第に梅雨前線の活動が活発になります。
美留和の30日は,雲りで,昼過ぎから雨が降るでしょう。

6月29日(水)
引き続き梅雨前線が東北地方に停滞しますが活動は弱まります。30日には再度活動が強くなります。
美留和の29日は,午前中晴れて蒸し暑くなります。大気の状態が不安定になるため午後から一時的に雨が降るでしょう。

6月28日(火)
梅雨前線は引き続き東北地方に停滞します。早朝に気圧の谷が美留和を通過しました。さらに午後から次の気圧の谷が近付く見込みです。
美留和の28日は,雲が多いものの日中は薄日がさすでしょう。夕方一時的に雨になるでしょう。

6月27日(月)
梅雨前線は東北地方に停滞します。 美留和は,日本の東にある高気圧から気圧の尾根が延びていますが,これから28日にかけて、東北地方にある梅雨前線が美留和に近づく見込みです。
美留和の27日は,朝のうち晴れますが徐々に雲が多くなってくるでしょう。

6月26日(日)
梅雨前線は本州中部まで南下しました。台風5号の影響で西日本は梅雨前線の活動が活発になり、とくに九州及び四国の太平洋側は雷雨となる見込みです。
美留和は、日本海北部から南東に進む高気圧に覆われてきます。
美留和の26日はさわやかな一日となりそうです。

6月25日(土)
低気圧はオホーツク海に去り,東北地上にあった梅雨前線は徐々に南下します。美留和は次第に日本海の高気圧に覆われてきます。 美留和では、午後から時々晴れるでしょう。肌寒い一日となりそうです。 台風5号の今後の進路に注意してください。28日以降美留和の天気に影響ししそうです。
6月24日(金)
太平洋高気圧が強まり,梅雨前線が東北地方の北部に停滞します。さらに梅雨前線上に低気圧が東進し,24日に美留和に接近する見込みです。
24日の美留和は,この低気圧の影響で雨となるでしょう。夕方には雨が上がるでしょう。北東寄りの風が肌寒い一日になります。
25日後半には、美留和は高気圧に覆われる見込みです。
台風5号の今後の進路に注意してください。28日以降美留和の天気に影響ししそうです。
6月23日(木)
太平洋高気圧が強まり,梅雨前線が東北地方の北部まで北上し,停滞します。さらに日本海に低気圧が発生し,24日に美留和に接近する見込みです。
23日の美留和は,梅雨前線の雲が終日かかります。24日は,この低気圧の影響で雨となるでしょう。
台風5号の今後の進路に注意してください。28日以降美留和の天気に影響ししそうです。
6月22日(水)
日本の南岸の梅雨前線は一旦消滅します。
一方,美留和では25日にかけて気圧の谷の中となるでしょう。
美留和の22日は終日,曇りがちです。日中は薄日がさすこともあるでしょう。夕方には一時的に雨が降るでしょう。
23日から25日まで冷え込むでしょう。
6月21日(火)
引き続き梅雨前線は日本列島に停滞します。
美留和付近の気圧の谷は、次第に弱まる見込みです。美留和の21日は曇りがちですが、時折、薄日がさすでしょう。日中は蒸し暑くなるでしょう。
21日夜には次の気圧の谷が美留和に近づく見込みです。

6月20日(月)
梅雨前線が、九州から本州南海上にかけて停滞するため、 西日本各地で雨をもたらしています。
特に南からの暖湿流が吹き込む九州地方では、前線の活動が活発となるため、 強い雨や雷雨により視界不良となるでしょう。
一方、気圧の谷が美留和を通過していますが,天気の崩れは小さいでしょう。
昼前まで霧が濃いでしょう。日中は曇りがちです。夕方からは晴れ間が見えるでしょう。 6月19日(日)
気圧の谷が通過しました。美留和は,日本海に中心を持つ高気圧にゆるやかに覆われてきます。
美留和の19日は,朝のうち霧がかかるでしょう。曇りがちですが昼前から時々晴れるでしょう。 美留和大運動会は,昨夜の雨で足元が悪いですが,雨の心配はありません。 19日夜から20日にかけて,次の気圧の谷が北海道付近に近づく見込みです。
6月18日(土)
梅雨前線は、引き続き日本の南海上に停滞します。西日本から東日本にかけては曇りまたは雨で、九州ではところによって強く降るところがあるでしょう。
美留和は,18日朝から夜にかけて,上空に寒気を伴った気圧の谷が通過するため,大気の状態が不安定となって,雷の発生するおそれがあります。
美留和の18日は,早朝に霧となり、昼過ぎから夜遅くまで,上空の寒気の影響で落雷や突風,ひょう,急な強い雨が降るでしょう。
6月17日(金)
梅雨前線や低気圧は、ゆっくりと東へ移動しながら引き続き日本の太平洋側付近に停滞するでしょう。このため雨の範囲は西日本から東海・関東付近へと次第に移動します。特に関東付近では午前中、一時的に強い雨の降る所もあるでしょう。
一方,美留和では,北海道の東海上に中心を持つ高気圧に覆われますが,18日は気圧の谷が南下し大気の状態が不安定となる見込みです。
美留和の17日は,洗濯日和です。穏やかに晴れて暖かくなるでしょう。

6月16日(木)
梅雨前線の活動が活発になっています。このため、西日本を中心に雨となり、九州や四国では強い雨や雷となるところもあるでしょう。 一方,美留和では,17日にかけて北海道の東海上にある高気圧に覆われる見込みです。
美留和の16日は,朝のうち霧やモヤに覆われますが,昼前から晴れて暖かくなるでしょう。

6月15日(水)
美留和は,15日にかけて低気圧を含む気圧の谷の中となる見込みです。
美留和の15日は,午前中,雨が降ります。午後は曇りとなるでしょう。
天気の変わり目となります。16日からは高気圧に覆われる見込みです。ゆっくりと天気が回復していきます。

6月14日(火)
北海道の西海上に低気圧があり、ほとんど停滞しています。美留和は,15日にかけて気圧の谷の中にある見込みです。
美留和の14日は,午前中,雨が降ります。午後は曇りとなるでしょう。

6月13日(月)
美留和は、引き続き気圧の谷の中にあり、大気の状態が不安定となっています。
美留和の13日も上空の寒気の影響で曇りとなり、午後,雨または雷雨となる見込みです。
13日夜には大陸から気圧の谷が美留和に近づいてくる見込みです。14日15日はぐずつき模様でしょう。

6月12日(日)
美留和は、オホーツク海付近にある低気圧の影響により,引き続き気圧の谷の中にあり、大気の状態が不安定となっています。13日夜には大陸から気圧の谷が北海道に近づいてくる見込みです。
美留和の12日も雲が多く、もやが発生します。曇りがちで夕方,一時的に雨が降るでしょう。

6月11日(土)
美留和地方は、気圧の谷の中にあり、上空に寒気が入っており大気の状態が不安定となっています。
美留和の11日は,朝のうちはれまがあるものの,午前空は曇に覆われて,午後から雨が降るでしょう。

6月10日(金)
上空に寒気を伴った低気圧が美留和付近を通過する見込みです。このため、大気の状態が非常に不安定となります。
美留和の10日は,曇りがちで午後から一時的に雨が降るでしょう。

6月9日(木)
美留和は弱い気圧の谷の中に入っており、再び大気の状態が不安定となるでしょう。
10日は日本海北部に低気圧が発生し、美留和付近を通過する見込みです。
美留和の9日は,雲が多いものの時々晴れ間が見えるでしょう。午前中にかけて霧やモヤとなるでしょう。

6月8日(水)
美留和の上空には寒気が入り、8日は大気の状態が不安定となるでしょう。また、9日は日本海から気圧の谷が北海道付近に接近する見込みです。
美留和の8日は,雲が多いものの時々晴れ間が見えるでしょう朝のうち霧が濃いいでしょう。
6月7日(火> 美留和上空に冷たい空気が入っており、これから7日夜にかけて弱い気圧の谷が通過し、大気の状態が不安定となる見込みです。
美留和の7日は,曇りで時々晴れ間も見えますが、午後,一時的に,雨となると見込みです。朝のうち霧が濃いいでしょう。
6月6日(月)
美留和付近は、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過して、大気の状態が不安定になる見込みです。さらに7日は別の気圧の谷が通過するでしょう。
美留和の6日は,午前中は晴れ間が出ますが,上空に寒気が残るため、午後,一時的に,雨となると見込みです。 6日夜のはじめころまで竜巻などの激しい突風や落雷に注意して下さい。
◆ 6月5日(日) 美留和付近は、上空に寒気を伴った気圧の谷の中にあり、大気の状態が不安定となる見込みです。 美留和の5日は,雲が多いでしょう。昼過ぎから夕方,一時的に雨が降ります。 ...
6月4日(土)
美留和付近へ日本海から気圧の谷が近づいています。気圧の谷は4日夜から5日にかけて北海道付近を通過する見込みです。このため、大気の状態が次第に不安定になるでしょう。
美留和の4日は,終日雲が多く、朝のうち霧が出るでしょう。夜一時的に雨が降ります。
6月3日(金)
美留和付近は、2日夜から3日にかけて、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過し,上空の寒気が残るため、大気の状態が不安定になります。
美留和の3日は,曇りがちで夕方一時的に強い雨が降るでしょう。
6月2日(木)
美留和付近は、オホーツク海から南下し三陸陸沖に中心を持つ高気圧に覆われていますが、日本海から気圧の谷が渡島半島付近にのびてくる見込みです。
美留和の2日は,午前中は晴れますが午後から次第に雲が多くなってきます。 また朝方は冷え込むでしょう。また霧が濃くなるでしょう。
6月1日(水)
美留和付近は、オホーツク海に中心をもつ高気圧に覆われています。次第に高気圧の中心が南下する見込みです。
美留和の6月1日は,朝方は冷え込むでしょう。また霧が濃くなるでしょう。日中は時々陽が射し,次第に暖かくなってきます。
5月31日(火)
31日にかけてオホーツク海に中心をもつ高気圧の張り出しの中となります
美留和の31日は,北の風がやや強いながらも晴れ間が広がるでしょう。
5月30日(月)
台風2号から変った低気圧は衰えながら東へ進み、午前中には関東地方に接近します。
この低気圧による雨域は徐々に北日本に広がりますが,美留和への影響は少なく,次第にオホーツク海に中心をもつ高気圧の張り出しの中となる見込みです。
美留和の30日は,終日曇りがちで肌寒いでしょう。
5月29日(日)
美留和は,29日昼過ぎにかけて気圧の谷が通過します。 その後30日にかけて、オホーツク海に中心をもつ高気圧の張り出しの中となる見込みです。
美留和の29日,雨は朝のうちに上がり,終日,曇りぞらでしょう。
5月28日(土)
気圧の谷が日本海中部から東北地方に延びてきました。これから29日にかけて気圧の谷が美留和を通過する見込みです。 美留和の28日は終日,概ね雲の多い天気となり,夜遅く雨が降り出すでしょう。
来週,気温の低い状態が続きます。
5月27日(金)
三陸沖にある高気圧はゆっくりと東に移動し,美留和から次第に遠ざかるでしょう。
美留和はゆっくりと下り坂になります。美留和の27日は朝のうち晴れますが,しだいに雲の多い天気となるでしょう。
来週,気温の低い状態が続きます。
5月26日(木)
本州付近にあった高気圧は東に移動しますが、美留和は引き続きこの高気圧に覆わます。
朝霧が取れれば,穏やかに晴れて暖かくなるでしょう。予想最高気温22℃です。東京も22℃でです。
来週,気温の低い状態が続きます。
5月25日(水)
美留和は,東西に、上空に寒気を伴った気圧の谷が通過中で、大気の状態が不安定になっています。気圧の谷が通過した後は、26日にかけて高気圧に覆われて来るでしょう。 25日の美留和は,上空に寒気の影響で雲が多いながらも,午後から時々晴れ間もでて,暖かくなるでしょう。
28日からまた,気温の低い状態が続きます。
5月24日(火)
梅雨前線は次第に南下します。一方美留和では,北海道の東海上に中心をもつ高気圧に覆われています。
24日穏やかに晴れるでしょう。午後には上空に寒気を伴った気圧の谷が近づいてくる見込みです。夜のはじめころ雨が降るかもしれません。
28日からまた,気温の低い状態が続きます。
5月23日(月)
引き続き、美留和は気圧の谷の名に入っています。また、24日にかけて、低気圧が通過する見込みです。
美留和の23日のお天気は。曇りで,お昼前後,一時的に雨が降ります。また霧が濃くなります。
5月22日(日)
オホーツク海に高気圧が停滞しています。引き続き、美留和は気圧の谷となっており、22日にかけて、低気圧が通過する見込みです。
美留和の22日のお天気は。曇りで,午後から雨が降ります。また霧が濃くなります。

5月21日(土)
オホーツク海に高気圧が停滞しています。21日は、低気圧が美留和付近を通過する見込みです。
美留和の21日のお天気は。曇りで,時々雨が降ります。
24日ころまで低温傾向でしょう。
5月20日(金)
オホーツク海に高気圧がしばらく停滞します。この高気圧から湿った寒気が流れ込むため,しばらく,曇りがちで肌寒い日が続きます。
美留和の20日のお天気は。曇りベースで,一時的に雨が降る可能性もあります。

5月19日(木)
本州南岸にあった移動性高気圧が東に遠ざかり,かわって気圧の谷が接近しています。さらに20日は次の気圧の谷が通過する見込みです。
美留和の19日のお天気は下り坂です。午前中晴れ間が広がりますが,次第に雲が多くなるでしょう。午後から一時的に雨が降る可能性もあります。
朝方は少々冷え込みますが,昼間は18日よりもさらに暖かくなります。

5月18日(水)
美留和は,本州南岸にある移動性高気圧からゆるやかにおおわれます。ただし、高気圧中心が南に偏るため美留和では雲が広がりやすいでしょう。
美留和の18日は,晴れたり曇ったりでしょう。朝方は冷え込みますが,昼間は暖かくなります。

5月17日(火)
日本海北部には低気圧があり、美留和を気圧の谷が通過中です。
美留和の17日は,明け方まで雨または霧が残りますが,日中は曇り空で,午後からは晴れ間が見えるでしょう。
大気の状態が不安定になっています。夕方にわか雨が降るでしょう。
5月16日(月)
16日朝の予想最低気温-6℃と冷え込み,遅霜が降りる可能性があります,農作物の管理に注意してください。
移動性高気圧は足早に本州の東海上に去ります。早くも次の気圧の谷が日本海から接近してきます。
美留和の16日は,朝のうち晴れますが次第に雲が多くなってきます。夕方,にわか雨が降るでしょう。

5月15日(日)
美留和近は、引き続き、東西に長い気圧の谷の中に入っています。
美留和は,15日も曇りベースです。朝のうち雪が降ります。午後から晴れてくるでしょう。

5月14日(土)
北海道の西には発達した低気圧がありますが次第に弱まるでしょう。
美留和はこの低気圧を含む東西に長い気圧の谷の中に入っています。14日の美留和は,曇りベースです。午前中には晴れ間も見えますが,午後から上空の寒気の影響で一時的に雨が降り,夜には雪となるでしょう。
5月13日(金)
本州付近にあった低気圧は、三陸沖へ進みます。一方、北海道の西側にある低気圧が寒気の影響により発達しながら、ゆっくり東へ進んでいくでしょう。
この低気圧の影響のため、13日の美留和は風雨ともに強く,荒れた天気となるでしょう。

5月12日(木)
高気圧に覆われ美留和は晴れます。

5月11日(水)
美留和は次第に高気圧に覆われて高気圧圏内となります。ほぼ良好な天候が期待できます。

5月10日(火)
低気圧が通過します。美留和では朝のうち雪か雨が降るでしょう。昼前からは曇りの見込みです。
5月9日(月)
移動性高気圧に覆われるため、美留和は,9日の日中,概ね良好な天気となるでしょう。
しかしながら、西から低気圧や前線が近づいてくるため、夕方から次第に天気は下り坂となる見込みです。
5月8日(日)
サハリン南部付近に発達した低気圧があり、南にのびる寒冷前線が北海道を通過中です。
このあと低気圧はオホーツク海に抜けます。美留和は一時的に冬型気圧配置となり、気圧の傾きが大きくなり、大気の状態も不安定となります。
8日夕方まで落雷や急な強い雨、8日夕方から 8日夜遅くまで北西からの強風に注意して下さい。

5月7日(土)
7日夜には日本海から前線を伴った低気圧が接近する見込みです。
7日美留和のお天気は下り坂です。曇りで,夕方から,一時的に雨が降るでしょう。

5月6日(金)
美留和は、日本海中部に中心を持つ高気圧に覆われています。
6日の美留和は晴れますが,午後から,高気圧の中心が東へ離れて,南東からの湿った空気が流れ込む見込むため、 曇が多くなるでしょう。

5月5日(木)
低気圧が北海道の南海上を東に進んでいます。この低気圧は次第に東海上に離れます。美留和付近は引き続き弱い気圧の谷の中となっています。
5日の美留和は終日曇りがちです。

5月4日(水)
千島近海に発達した低気圧があって、美留和付近は引き続き弱い気圧の谷の中となっています。さらに、4日は別の低気圧が日本海から北海道の南海上を東進します。
上空には寒気も入っているため、美留和では曇りがちで一時的に雪が降ります。
ゴールデンウィーク中盤のお天気はぐずつき気味で寒い日が続きます。6日以降,暖かくなるでしょう。
5月3日(火)
3日昼前にかけて北西の風が非常に強くなります。突風に注意してください。
千島近海に、発達した低気圧があって美留和付近は気圧の傾きが急となっています。3日は、次第に気圧の尾根に覆われ,美留和の天気も回復に向かう見込みです。しかし、4日は、次の低気圧が日本海から美留和付近を通過する見込みです。
美留和では曇りがちで雪が降ります。午後からは風も収まり,少し晴れ間も見えてくるでしょう。

5月2日(月)
日本海中部に前線を伴った低気圧があって東北東に進んでいます。 この低気圧は、急速に発達しながら2日昼過ぎから夕方にかけて美留和を通過する見込みです。
そのあと大陸から高気圧が張り出してきますが,美留和では低気圧の影響が残るため、雲が拡がりやすく、午後から強い北西の風とともに急に気温が下がり,雪が降りだすでしょう。
5月1日(日)
前線が朝鮮半島から日本海にのびてきました。5月1日は、低気圧が日本海に進んでくるでしょう。
この低気圧や前線が美留和付近を通過するため、終日,雨でしょう。また,南から湿った空気が入り込むため、雷を伴って強く降る可能性もあります。
◆美留和放射線量◆
5月1日(日)20:00現在「雨」 平均 68.4CPM
5月1日(日)16:00現在「雨」 平均 70.1CPM
上記数値は,個人的に参考のため計測したものを公表しています。この数値に対しての責は,一切おいません。
※CPM:(Count Per Minute) : 1分間に検出器が数えた放射線の数を表す単位),シーベルト換算(出典)
コバルト60では、108CPM≒1マイクロシーベルト/時間
セシウム137では、120CPM≒1マイクロシーベルト/時間

4月30日(土
気圧の谷の影響で午後から天気は下り坂となります。
30日,美留和は,午前中,概ね晴れますが,午後から雲が多くなります。陽だまりでは春を実感できそうです。しかし,気圧の傾きが急となっているため西の風がやや強くなります。バーべキューをするには,風対策が必要でしょう。

4月29日(金)
いよいよゴールデンウィークです。ゴールデンウィークは,概ね,よいお天気が続きます。
オホーツク海に抜けた低気圧は徐々に遠ざかります。
29日,美留和は晴れて時々曇ります。ただし,上空寒気が入ってくる影響で一時的に雪やみぞれ、または雷雨の可能性があります。西の風が強くなるでしょう。

4月28日(木)
28日は前線を伴った低気圧が、北海道を通過する見込みです。 美留和は終日雨が降るでしょう。

4月27日(水)
美留和付近は雲が拡がりやすく、お天気は下り坂です。
また、この気圧の谷とは別に、南からの湿った空気の影響を受け,ぐずついたすっきりしないお天気となるでしょう。
4月26日(火)
美留和付近は,気圧の谷の中に入っており、大気の状態が不安定となっています。
午前中は晴れますが,午後から雲が多くなります。夜のはじめ頃,にわか雨が降るでしょう。
4月25日(月)
美留和付近は気圧の谷となり、大気が不安定になります。
25日の美留和は曇りがちです。時折,晴れ間が見えますが,昼過ぎには雷雨の可能性があります。
4月24日(日)
前線や低気圧は、日本の東海上に離れます。
低気圧の影響が残る美留和では、昼前まで雨が降ります。
天候は急速に回復し,午後には晴れ間が見えるでしょう。 しかしながら、上空には寒気が流れ込んでくるため大気の状態が不安定となり、 24日夜から再び一時的に雷雨や突風となるでしょう。
4月23日(土)
日本海および四国沖に低気圧があり、発達しながら東進します。
美留和は、午前中、雪が降り始めます。昼前から南東の風に乗って暖かい空気が流れ込むため,雨に変わるでしょう。日中の気温は0-3℃前後で推移しますが,夕方がら気温が急に上がり,9℃前後まで上がります。
23日の夜から24日にかけて南南東の風が強いでしょう,また,明日朝の気温は,14℃前後まで上がるでしょう。
4月22日(金)
美留和付近は気圧の谷の中に入っています。
美留和は、午前中、曇りがちですが,午後から晴れ間が見えるでしょう。
前線を伴った低気圧が大陸から進んでくるため、全国的にお天気は下り坂です。週末は雨が降ります。
4月21日(木)
三陸沖に抜けた低気圧の影響が未だ残る美留和付近は,雲が広がりやすい状況が続きますが、お天気の大きな崩れはない見込みです。
美留和の21日は、午前中、曇りがちですが,午後から晴れ間が見えるでしょう。

4月20日(水)
日本海と関東付近に低気圧があって、美留和付近はこれら二つの低気圧を含む気圧の谷の中に入ったままです。
美留和は、20日も日中、曇りがちですが,時折晴れ間が見えるでしょう。

4月19日(火)
千島近海に動きが遅い低気圧が,また,日本海西部の低気圧がゆっくりと東に進んでいます。
美留和付近はこれら二つの低気圧を含む深い気圧の谷の中に入ったままです。また,上空には寒気が残り、北東の風に乗ってオホーツク海から冷たい空気が流入します
美留和は、19日も日中、曇りがちで時折小雪がちらつくしょう。

4月18日(月)
美留和付近は18日にかけて気圧の谷の中となる見込みです。
美留和は、i日中曇りがちで時折小雪がちらつくしょう。

4月17日(日)
オホーツク海には発達した低気圧があってゆっくり北東に進んでいます。この低気圧は、17日夜には千島近海に進み、美留和付近は18日にかけて気圧の谷の中となる見込みです。
美留和は、低気圧の影響が残るため、曇りがちで,午後から夕方にかけて一時的に雪か雨となる見込みです。また,午後からは北西の風が強く吹くでしょう。

4月16日(土)
北海道の西海上に寒冷前線を伴う低気圧があって東に進んでおり、16日夜のはじめ頃にかけて北海道付近を通過し、17日には宗谷海峡の東で発達する見込みです。
美留和では、曇りがちで,午後から夕方にかけて一時的に強い雨,落雷になりそうです。
4月15日(金)
次第に気圧の谷が近づきます。
美留和では、午前中は晴れて気温が上がりますが、その後次第に雲が広がります。

4月14日(木)
日本列島は高気圧に覆われます。
美留和では、朝方に霧やもやの発生が予想されますが、日中は良好な天候が見込まれます。
4月13日(水)
低気圧を含む気圧の谷が通過します。
美留和では,お昼過ぎ一時的な強雨や南寄りの強風が吹く見込みです。

4月12日(火)
上空の気圧の谷が、日本の東海上に抜け、西日本から高気圧が張り出してきます。
今日の美留和では,晴れます。ただ、上空には冷たい空気が入るため午後から一時的に雪が降るでしょう。
4月11日(月)
寒冷前線の通過に伴い、美留和では午後から雨が降り出します。 この雨は11日夜,雪となり,12日の午後まで残る見込みです。
4月10日(日)
三陸沖に低気圧があって北東に進んでいます。10日は 西から高気圧に覆われますが、夜には日本海側に寒冷前線が進んで来る見込みです。
美留和は、朝のうち霧となりますが、昼前からは概ね晴れの天気となるでしょう。
4月9日(土)
低気圧や前線が東日本を通過します。一方、北海道は高気圧に覆われまる。
美留和は、午前中は晴れますが午後から曇りとなるでしょう。
4月8日(金)
高気圧は東の海上に遠ざかり、アムール下流域の低気圧からのびる前線が日本海側から接近します。
このため、美留和では,午後から一時的に雨がふるでしょう。
4月7日(木)
北海道地方は、引続き本州に中心を持つ高気圧に覆われています。
美留和が,気圧の谷の接近により次第に雲が多くなってきます。

4月6日(水)
北海道地方は、引き続き、日本海から本州へ進む高気圧に覆われるでしょう。
6日も美留和は晴れます。しかも最高気温16.4℃と雪解けが加速するでしょう。
4月5日(火)
北海道地方は日本海の高気圧に覆われる見込みです。
今日の美留和はズバリ晴れです。7日(木)まで晴れの天気が続くでしょう。
4月4日(月)
北海道地方は、の上空には引き続き寒気が残りますが,次第に日本海中部の高気圧に覆われてくる見込みです。
今日の美留和は晴れます。7日(木)まで晴れの天気が続くでしょう。
4月3日(日)
北海道地方は、冬型の気圧配置となっています。4日は次第に日本海中部の高気圧に覆われてくる見込みです。
今日の美留和は曇りがちで,時折,雪がちらつくでしょう。
4月2日(土)
沿海州には低気圧があって,ゆっくり東進しています。この低気圧からのびる寒冷前線が,1日夜遅くから2日朝にかけて,北海道を通過します。前線の通過に伴い、2日は冬型の気圧配置になります。
美留和は曇りがちで,時折,雪がちらつくでしょう。
4月1日(金)
北海道付近は、千島近海にある高気圧に覆われていますが、1日夜遅くから2日朝にかけて,沿海州付近を東進する低気圧から南西にのびる寒冷前線が寒冷前線が通過し、2日は冬型の気圧配置となる見込みです。
美留和は概ね晴れる見込みです。
雪崩,濃霧に注意してください。
3月31日(木)
北海道付近は、千島近海にある高気圧に覆われていますが、これから31日朝にかけて、渡島半島の西海上にある低気圧が弱まりながら東北地方に進む見込みです。
上空を冷たい寒気が通過するため美留和は曇りがちの天気となるでしょう。
雪崩,濃霧に注意してください。
3月30日(水)
30日から31日朝にかけて、日本海北部の低気圧が東北地方に進むでしょう。
美留和は,あさのうち晴れますが,気圧の谷で雲が広がりやすく,一時的に弱い降雪になる見込みです。
3月29日(火)
北海道付近は、本州付近にある移動性高気圧の張り出しの中に入るでしょう。しかし,29日夜には沿海州から気圧の谷が近づいてくる見込みです。
美留和は,午前中は快晴でしょう。午後から夜にかけて,上空の寒気の影響で雲が広がりやすいでしょう。
3月28日(月)
北海道は、弱い気圧の谷の中にあります。この気圧の谷は27日夜遅くには、ようやく,北海道の南東海上に進む見込みです。
美留和は,午前中は曇りがちですから,午後からは陽が射す時間が長くなってくるでしょう。
3月27日(日)
高気圧が西から張り出して、西日本を覆ってきますが,美留和では,引き続き気圧の谷となります。
美留和は、朝のうち晴れますが、夕方から一時的に雪が降る見込みです。

3月26日(土)
低気圧が三陸沖で発達し、日本付近は冬型の気圧配置が強まるでしょう。
このため、美留和は、曇りベースで時々晴れますが、一時的に雪が降る見込みです。
また,北寄りの風が強まる見込みです。
3月25日(金)
日本海に発生する低気圧がゆっくり東進します。また、関東の南海上にも低気圧が発生し、発達しながら東に進みます。
美留和は、引き続き25日にかけて、弱い気圧の谷の中にあるでしょう。
美留和は、朝のうち晴れますが、昼前から夕方にかけて雪が降る見込みです。

3月24日(木)
美留和では気圧の谷の影響により、引き続き断続的な雪が降る見込みです。 美留和は朝のうち晴れますが雪の降りやすいお天気です。

3月23日(水)
ここのところ,めまぐるしく天気が変化しています。
冬型の気圧配置は緩み、西日本から高気圧に覆われます。 ただし、北海道付近は気圧の谷の中です。
美留和は朝の内はれますが雪の降りやすいお天気です。

3月22日(火)
北海道付近を21日夜遅くから22日にかけて気圧の谷が通過する見込みです。 また,前線が本州南岸に停滞します。
美留和は朝から晴れますが,午後には北東寄りの湿った空気により、一時的に雪の降る見込みです。
引き続き空気が乾燥しているため、火の取り扱いに注意して下さい。
3月21日(月)
本州の沿岸に発生する前線に沿って、低気圧が東に移動してきます。
美留和では,曇りベースの天気になりますが時々晴れ間が見えるでしょう。引き続き空気が乾燥した状態が続くため、火の取り扱いに注意して下さい。
今日は春分の日です。美留和の日の出は05:24,日の入は17:36です。
3月20日(日)
高気圧は東の海上に移動し、代わって次の気圧の谷が日本海から低気圧が西から近付いてきます。
美留和では,朝のうち晴れ間が見えますが昼前から雲が多くなってくるでしょう。空気の乾燥に注意してください。

3月19日(土)
本州は引き続き高気圧に覆われ、概ね良好な天気となるでしょう。 一方、美留和では気圧の谷が進んでくるため、曇りがちの天気になります。 また、等圧線の間隔が狭まり、南西からの風が強まる見込みです。

3月18日(金)
冬型の気圧配置が次第に緩んで,全国的に高気圧に覆われます。美留和も良好なお天気です。

3月17日(木)
17日,北海道付近は一時的に冬型の気圧配置が強まる見込みです。その後,冬型の気圧配置は多少緩んでくるものの、引き続き美留和は,終日,雲に覆われて,雪が降りやすい状況は残るでしょう。

3月16日(水)
北海道付近を弱い低気圧が通過します。その後強い寒気が南下します。16日美留和は,終日,気圧の谷の中に入り,雪が降りやすくなるでしょう。

3月15日(火)
寒気を伴う低気圧が発生し、東へ進みます。15日、美留和は気圧の谷の中に入るでしょう。この影響により、美留和では雪が降りやすくなる見込みです。日中は曇りベースで,午後,一時的に雪が降るでしょう。

3月14日(月)
朝から夜にかけて前線を伴う低気圧が北海道の北を東進します。低気圧に吹き込む南風により暖かくなるでしょう。予想最高気温,14日+9℃と雪解けがさらに加速するでしょう。日中は曇りベースで,一時的に雪または雨が降るでしょう。

3月13日(日)
朝のうち雪が降ります。日中は曇りベースで,時々晴れ間も見えるでしょう。予想最高気温,13日+4℃,14日+9℃と雪解けが加速するでしょう。
3月12日(土)
12日は冬型の気圧配置が次第にゆるむ見込みです。 朝のうち晴れますが,昼前から時々曇り、昼過ぎから一時的に雪の見込みです。
3月11日(金)
冬型の気圧配置が続く見込みです。11日の美留和は、朝のうち晴れますが,午後から雪や降るでしょう。
3月10日(木)
西高東低の冬型の天候となります。美留和では雲が多く、一時、雪が降りやすい天候となります。また,北西の季節風が強くなるでしょう。
3月9日(水)
日本海には低気圧があり、東に進んでいます。美留和は、弱い気圧の谷の中に入っています。今日の美留和は午前中よく晴れます。午後から雲が多くなってくるでしょう。
3月8日(火)
日本は冬型の気圧配置となり,上空には強い寒気が流れ込んでいいます。美留和では、概ね晴れの天気となる見込みです。
3月7日(月)
関東の南海上を、低気圧が発達しながら足早に東進します。
美留和は,雲に覆われます。時々晴れ間も見えますが,午後,一時的に雪が降るでしょう。
7日朝は霧のため見通しが悪くなるでしょう。
3月6日(日)
高気圧が東に移動し,午後から気圧の谷が通過します。 午前中は晴れますが,午後から雲が広がり,夕方から雪が降り始めるでしょう。
3月5日(土)
移動性の高気圧が張り出してくるのにつれて,美留和は朝からよく晴れます。午後から雲が出るでしょう。
3月4日(金)
美留和は引き続き強い冬型の気圧配置となっています。4日も3日と同様,曇りベースで時折雪が降るでしょう。
3月3日(木)
冬型の気圧配置が強まるでしょう。3日の美留和は曇りベースで時々晴れ間が見えるでしょう。 夕方から一時的に雪が降るでしょう。強風に注意して下さい今日は桃の節句です。 ...
3月2日(水)
冬型の気圧配置となります。美留和では時折雪が降るでしょう。
3月1日(火)

2月28日(月)
本州付近は前線を伴った低気圧の影響を受けます。一方,美留和は高気圧に覆われ概ね良好な天気となる見込みです。
2月27日(日)
高気圧は日本の東の海上に抜けて、東シナ海に前線が進んできます。また、午前中に北海道を気圧の谷が通過するため、美留和では、一時,雪が降る見込みです。
2月26日(土)
冬型の気圧配置が強まる見込みです。美留和では、冬晴れとなるでしょう。
2月25日(金)
寒冷前線が北日本を通過し、美留和では一時的に冬型の気圧配置が強まるでしょう。
2月24日(木)
北海道の西から低気圧が近づいてきており、夜から寒冷前線が通過していきます。 美留和では徐々に南風が強くなり、夕方からは雪が降り出す見込みです。
2月23日(水)
高気圧の中心はゆっくりと日本の東へ移動します。 美留和は引続き高気圧に覆われ良好なお天気です。 湿った風が吹き込むため、朝の内はモヤの発生するでしょう。
2月22日(火)
引き続き日本は広く移動性高気圧に覆われる見込みです。 このため美留和では、今日もほぼ晴れとなるでしょう。
2月21日(月)
日本は広く移動性高気圧に覆われる見込みです。 このため美留和では、ほぼ晴れるでしょう。
2月20日(日)
前線を伴った低気圧の通過する美留和では、午前中にかけてまとまった雪や突風に注意が必要です。
2月19日(土)
ここしばらく,この季節としては暖かく,穏やかな日々が続くでしょう。
2月15日(火)
日本の南岸を低気圧が通過し、明日の午前中には三陸沖に進みます。一方,美留和は,大陸から張り出す高気圧に覆われるでしょう。
2月14日(月)
千島近海に低気圧があって、発達しながら北東に進んでおり、北海道付近は冬型の気圧配置になってきました。さらに九州の南に低気圧が発生し、本州に沿って北東進します。
美留和は,晴れ間が広がりますは時折,雲が出るでしょう。
2月13日(日)
根室の南東海上に低気圧があって、発達しながら北北東に進んでいます。
このため、美留和では、引き続き13日昼過ぎまで、猛ふぶきや吹きだまりによる交通障害に厳重に警戒して下さい。
今後、徐々に冬型の気圧配置となることから、美留和の風雪の強い状態も収束する見込みです。
北西の風最大風速18m/s程度,新たな積雪30cm程度です。

2月12日(土)
関東地方に雨・雪をもたらした低気圧は,関東沖から13日朝には根室の東海上まで北上し更に発達する見込みです。 このため、美留和では12日夜遅くから13日にかけて猛ふぶきとなります。
最大風速18m/s程度,新たな積雪30cm程度です。
2月16日から25日までかなり高温になります。
2月11日(金)
関東南岸を通過する低気圧や、日本海西部の気圧の谷の影響で西日本から関東にかけて 太平洋岸を中心に降雪や雨となり、とくに関東では終日断続的な降雪となるでしょう。
一方、美留和は、引き続き11日にかけて気圧の谷となります。冬晴れとなります。午後から時々曇が出てくるでしょう。12日は低気圧が発達しながら北海道に近づきます。美留和の天気の崩れは12日午後からとなる見込みです。
2月10日(木)
日本の東側の海上を低気圧が発達しながら東北に進みます。 このため、美留和は冬型の気圧配置となります。
曇りがちで時折風花の舞う一日となるでしょう。
2月9日(水)
日本海と東海沖には低気圧があって東進中です。
美留和はこれから10日にかけて気圧の谷の中にあるでしょう。
2月8日(火)
8日は、日本海の低気圧が発達しながら北海道の北東に進みます。美留和では冬型が強まり寒気が入ります。
美留和は冬晴れになる見込みです。
2月7日(月)
北海道の北と日本の東海上にある低気圧が、次第にひとつにまとまり発達しながら東進します。 このため北日本では冬型の気圧配置が強まり、上空の寒気の影響もあいまって、美留和では雪となり、一時荒れ模様のお天気となる可能性もあります。
昼過ぎまで雪が降りますが、夕方には、時々晴れる見込みです。
2月6日(日)
めまぐるしく天気が変わっています。高気圧はゆっくりと東海上に抜け、日本海から気圧の谷が接近してきます。この気圧の谷が6日夜から7日朝にかけて通過し、その後,冬型の気圧配置が強まる見込みです。
美留和では、午前中晴れ,昼過ぎから時々曇りで,夜遅くには雪が降る見込みです。

2月5日(土)
間宮海峡から南にのびる寒冷前線が5日夕方にかけて北海道を通過する見込みです。一方,本州の南を前線を伴った低気圧が進みます。
5日は,朝のうち晴れていますが昼前から夕方にかけて一時雪が降る見込みです。
2月4日(金)
今日は立春です。今日から立夏の前日(5/5)までが暦の上での春です。まだまだ寒さが厳しい時期ですが日脚は徐々に伸びています。冬至の日没が15:49だったのが,今日の日没は16:37です。
東北地方を低気圧が通過します。今日も暖かい南風が流れ込んできます。今日もよく晴れて暖かくなるでしょう。
2月3日(木)
全国的に移動性高気圧に広く覆われ穏やかな天気となります。
美留和地方では、上空の寒気の影響で午後から雲が多くなります。
最高気温はプラスの3℃,明日の立春を前に春を感じられる一日となるでしょう。
2月2日(水)
西から移動性高気圧に広く覆われて、冬型気圧配置が次第に緩みます。
今日の美留和地方は、引続き良好な天気となる見込みです。
上空に暖かい空気が流れ込んできます。今日から5日まで,気温が平年よりかなり高くなる見込みです。6日から15日までは平年並みでしょう。
2月1日(火)
今日から2月。日に日に陽射しが高く長くなってきました。
西日本から冬型の気圧配置が緩み、美留和地方では概ね良好な天気が予想されます。 次第に,北北西の風が強くなるでしょう。
1月31日(月)
美留和は,強く冷え込みました。午前5時現在-23.5℃です。 今日も日本付近は引き続き冬型の気圧配置となるため、北海道から山陰にかけての日本海側を中心に雪や風の強まるところがあるでしょう。
美留和地方では、冬晴れとなるでしょう。

1月30日(日)
北海道では、午前中から午後にかけて低気圧が通過するため、美留和では断続的な降雪が見込まれます。
1月29日(土)
日本海および東海沖の低気圧が東進します。 このため、今日の美留和は雲の多い天気となり,時折小雪がちらつくでしょう。
美留和では今後2月1日ころまでは気温は平年並か平年より低いですが、 2月2日ころから約1週間,気温が平年よりかなり高くなる見込みです。
1月28日(金)
今朝は強く冷え込みました。午前7時現在-23.8℃でした。
きょう,気圧の谷が東北地方を通過します。美留和では雲が多いですが,時折,晴れ間がみえるでしょう。

1月27日(木)
冬型の気圧配置です。美留和地方は気圧の谷の影響で曇りがちの天気となるでしょう。 美留和地方では,ここ数日,曇りまたは雪の日が続いています。このような天気は週末まで続きそうです。

1月26日(水)
引続き日本は冬型の気圧配置です。また、日本海に低気圧が発生し北陸地方に近づきます。 美留和の日中は曇りがちで,時折雪が舞うでしょう。また,今夜から明日午前中にかけて,雪が強く降るでしょう。

1月25日(火)
美留和地方は,気圧の谷が通過する影響で、終日、弱い降雪となるでしょう。
1902年1月25日旭川市で -41.0℃を記録しました。日本の気象官署・アメダスにおける気温の最低記録です。

1月24日(月)
美留和地方は,気圧の谷の中に入り,雲が多く一時的に雪が降るとなるでしょう。 今夜から明日にかけて美留和で雪の降る気圧配置が強まり、美留和では雪となります。一時的に雪が強く降る可能性があります。

1月23日(日)
日本付近は冬型気圧配置が続きます。 美留和地方では,オホーツク海からの北西の風によって,雲が広がり、一時的に雪が降る見込みです。
また,夕刻以降に日本海に低気圧が発生し,その後,発達しながら東に進みます。この低気圧の影響により、24日,25日は風・雪ともに強くなる可能性があります。

1月22日(土)
午前6時40現在‐219℃,久々に冷え込みました。
北日本では冬型気圧配置が続くきます。概ね良好な天気です。
今日と明日,SL(蒸気機関車)が川湯までやってきます。穏やかな撮影日和となるでしょう。

1月21日(金)
全国的に徐々に冬型の気圧配置は緩んできますが、美留和では上空の寒気が強く、 冬型の気圧配置が残るため、強い風を伴って一時雪の降ることがあります。

1月20日(木)
今日は二十四節気の「大寒」で一年でもっとも寒い時期という意味です。「大寒」を挟んで「小寒」から「立春」までの約30日間を「寒の内」と呼ばれています。
昨日、網走地方気象台で流氷初日を観測しました。ウトロでは着岸したそうです。 網走の流氷観光船も今日から運航開始です。 いよいよ真冬の主役たちが勢ぞろいしました。
今日も冬型の気圧配置が続きます。晴れ間が多くなります。

1月19日(水)
今日も冬型気圧配置が続きます。 今日の美留和のお天気は、昨日よりも日差しが多くなるものの、一時的に雪の降ることもあるでしょう。

1月18日(火)
引き続き冬型の気圧配置のため、北陸から北海道にかけての日本海側は雪が降りやすい見込みです。
美留和地方は、オホーツク海からの雪雲の流入の影響で曇りがちです。北西の風が強く、時折雪がちらつくでしょう。18日朝から18日夕方まで風雪に注意して下さい。
1月17日(月)
午前6時現在の積雪65cm、昨日の正午から新たに18cm積りました。 風が強かったので、雪が吹き飛ばされたところや、吹き溜まりができているようです。
今日は、北西からの風によって、オホーツク海で発生した雪雲が運ばれます。それらの雲が斜里岳にぶつかります。その余波によって美留和地方には、時折、雪が降ります。すっきりとしないお天気になります。

1月16日(日)
予想5500hPa高度偏差月平均天気図を見ると、1月23日以降、北海道付近は負偏差となり、北海道の東側が気圧の谷となり、寒気の影響を受ける時期があります。
1月30日以降、北海道上空は正偏差となり、寒気が流れ込みにくい状態がしばらく続きます。
1月16日の夜から17日にかけて雪が降るでしょう。

1月15日(土)
オホーツク海の流氷が北風に乗って順調に南下しています。1月15日現在、知床岬付近まで到達しているようです。網走〜斜里の海岸付近にも数日の内に到達するでしょう。当初、この冬の流氷は遅い、少ないといわれていましたが、早く多くなってきているようです。

1月14日(金)
午前6時、-25.6℃でした。気圧配置は、オホーツク海に低気圧があって、西高東低の冬型で、太平洋側では晴れるパターンです。しかし雪雲が強い西風にのって大雪山系を越えて知床連山や斜里岳にぶつかります。正午現在、斜里岳方向から雲が広がっています。これから美留和では雪がちらつくでしょう。

1月13日(木)
午前6時現在、積雪48pです。昨日の午後6時から新たに10pの積雪がありました。軽い雪なので、風によって吹き飛ばされています。
今日は、1日荒れ模様の予報でしたが、釧路沖の低気圧の想定よりも早く東に進んだため、天気の回復が早くなりました。
これから天気は周期的に変化します。次は16日(日)にあれそうです。

1月12日(水)
午前3時現在、日本海の秋田沖(北緯40℃東経135℃付近)に低気圧があります。今後、この低気圧が発達しながら東に進みます。進路、発達、速度、大気の状況によって美留和の天気が大きく違います。
釧路の南約100km前後を東進すると美留和の降雪量は多くなります。それより南だと、降雪量は少なくなります。

1月11日(火)
今日は「鏡開き」です。 年神さまに供えた鏡餅を小さく割り、お汁粉などにして食べる行事です。刃物で餅を切ると切腹を連想するので、木槌で割り手で開くようなったことから「'鏡開き」と呼ばれるようになりました。「鏡開き」を1月4日や20日などに行うところもあります。
美留和のいいお天気(=西高東低の冬型気圧配置)続きは明日まで。

1月10日(月)
午前3時現在-22.8℃まで下がっていたのですが、午前6時現在、-11.24℃まで上がっています。 13日前後、気圧の谷通過で天気が崩れそうです。
2011年1月9日(日)
午前6時現在、-23.4℃、よく晴れている分、放射冷却で冷え込んでいます。久々に凛とした朝です。

2011年1月8日(土)
昨日の日中は、晴れていても気温が上がらず、川湯の最高気温は-9.5℃でした。
日本の気象官署・アメダスにおける気温の最低記録は、1902年1月25日に旭川市で記録された-41.0℃です。
それでは、過去最低の日最高気温を調べてみました。下には下がありました。
1位 -30.2℃ 富士山頂 (1977年2月17日)
2位 -22.5℃ 旭川市 (1909年1月12日)

2011年1月7日(金)
今日も朝から晴れていますが、ところどころに積雲が見られます。今日も昨日と同様に時折雪が降るような、落ち着かない天気となるでしょう。
昨日の新聞記事によると、ラニーニャ現象が今年の春まで続くそうです。ラニーニャは南東太平洋の海水温が平年より低くなる現象で、昨年の猛暑の一因ともいわれています。よく海水温が高くなるエルニーニョ現象と間違われますが、現在はラニーニャです。いずれにしても日本の気候に大きな影響を与えています。
さて、気になる今年の冬ですが、ラニーニャの年の過去の記録を見ると、美留和地方の積雪量が少なく、気温は平年並み傾向にあります。西日本は寒い冬になっているようです。ラニーニャの特徴が顕著なようです。

2011年1月6日(木)
今日は二十四節気の小寒。今日から立春の前日、すなわち節分までが寒中または寒の内で、一年で一番寒いころです。
今日は雲の隙間から朝日が差し込んでいます。全天を覆うような雲ではありませんが、帯状に高層雲が広がっています。これから次第に厚みを増して灰色が濃くなってくると、雲の下部が形を現し始め、乱層雲へと変わっきます。このころから雪が降り始めます。

2011年1月5日(水)
今朝は川湯で-20℃、弟子屈で‐15℃近くまで冷え込みました。 6日の天気予報が難しくなってきました。6日はオホーツク海側で大荒れになるパターンです。しかし、藻琴山を越えて美留和に流れ込んでくる雪雲の多寡によって微妙に天気がかわります。
今日も、昨日と同じく曇りベースのお天気ですが、夜に雪が降ります。
その後、美留和上空に強い寒気が入り込んできます。

2011年1月4日(火)
今日の最低気温-16℃としましたが、目が覚めて、体感的にそんなに寒くないと感じられた方も多いはずです。
最低気温は午前0時ころの気温で、明け方にかけて気温が上昇し、午前6時は-6.9℃となりました。
今日も、昨日と同じく曇りベースのお天気です。

2011年1月3日(月)
昼前から晴れ間が見えてきました。今日の予報を「一時雪」から「時々晴れ」に変更しました。
お正月までは、西日本で寒冬、北海道で暖冬傾向だったのですが、7日から本来の冷え込みになり、冬晴れがしばらく続きそうです。

2011年1月2日(日)
今日、雪は、弟子屈で積りましたが、川湯ではさほど積りませんでした。
風が強かったせいで部分的に積ったようです。
明日(3日)は釧路市では晴れ間が見えそうですが、美留和も薄日は差すものの、西の方から雲が流れ込んで全般的には曇りがちになりそうです。
しばらく美留和が大荒れとなるような低気圧の接近はないようです。

2011年1月1日(月)
新年あけましておめでとうございます。
心配された大荒れの天気にならず.,曇りベースで新年を迎えました。